【Soundcore Life NC レビュー】コスパ最高のネックバンド型イヤホン

5.0

最近注目してるメーカー「Anker」、モバイルバッテリーが有名で他の周辺機器があまり注目を浴びていないように思ったので久しぶりにレビューしてみました。

Anker製のモバイルバッテリーを使ってるんですが、他にもキーボードやイヤホンなんかもAnker製が好きで使っています。

完全ワイヤレスイヤホンに力を入れていてSoundCoreシリーズと称して、「Liberty」や 「LibertyNeo」なんてのも販売しています。

そんな中、僕が使っていてめちゃくちゃ良かった製品が今回紹介する「Soundcore Life NC」です。

完全ワイヤレスイヤホンではなくネックバンド型イヤホンになるんですが、これがコスパの鬼で、この価格でここまでできるかーって驚かされる一品になっています。

そんなわけで、このページでは、

  • カナル型のネックバンド型イヤホンを探している
  • できるだけ低予算で音質、長時間稼働するイヤホンがほしい
  • ノイズキャンセリングに興味がある

という人におすすめの「Soundcore Life NC」を紹介します。

「Soundcore Life NC」のスペック

入力5V=0.5A
充電時間約2時間
充電規格MicroUSB
再生可能時間約10時間
防水規格IPX5
重さ(本体のみ)約60.5g
Bluetooth規格5.0
対応コーデックAAC、aptX、SBC
製品型番A32010F1
説明書説明書リンク

Soundcore Life NC」は完全防水規格(IPX5)のネックバンド型イヤホンです。

アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載しており、周囲の音を遮断して音楽を楽しむことができます。また、逆の「周囲音取り込み機能」も搭載されており電車のアナウンスや危険な場所などでは周囲の音をイヤホンを介して聞くことができます。

ネックバンド型なので肩にかけて使用します。
イヤホン同士はマグネットで吸着するようになっているので、完全ワイヤレスイヤホンで起こりうる片方をなくすという問題は起こらないでしょう。

また、ケーブルが首周りで擦れることがないので「ケーブルノイズ」も低減されます。

「Soundcore Life NC」の外観

「Soundcore Life NC」の外箱
本体は専用ケースに綺麗に収納されています。
「Soundcore Life NC」の付属品
ポーチが付いてるのが地味にうれしい
「Soundcore Life NC」本体
「Soundcore Life NC」イヤホン部分
内部は渦を巻いていてかっこいい
左側に電源・再生ボタン
電源ボタンを押すことでモード切り替えができる

電源ボタンを押すごとに下記のモードに切り替わっていく
切り替えたときも音声アナウンスが英語で流れる

  • アクティブノイズキャンセリングモード(ANC)
  • 周囲取り込みモード
  • 標準モード
右側に音量変更ボタン
長押しすることで曲送り・曲戻しができる
充電口はカバーがしてあり防水対策が見える
充電規格はMicroUSBです。
首にかけるとこんな感じ。
イヤホンがくっつくのでオシャレに付けれます。
フジワラ
フジワラ

存在感があるイヤホンなのでお洒落にもなります。

「Soundcore Life NC」の使用感

ネックバンド型イヤホンってどうなんだろうって気持ちから検索したところ「Soundcore Life NC」を発見しました。

価格も8,999円と1万円をきっていたので思い切って購入。

再生時間

フル充電で10時間持つので特に問題ありませんでした。僕は通勤で使うくらいなので1日30分ほどの使用です。毎日2時間聴いても5日は持つので十分な性能です。

アクティブノイズキャンセリング機能

目玉機能のANC(アクティブノイズキャンセリング)ですが、これが素晴らしいです。

標準モードからANCに切り替えると周囲の音がパッと消え、びっくり。特に駅のホームとか雑音が多いとこで効果を発揮します。ここまでノイズが消えるかーって驚かされました。

ANC中はもちろん周りの音が聞こえにくくなり、電車内のアナウンスもいまいち聞こえないレベルです。しかし、このイヤホンには周囲取り込みモードも搭載されてるので気になるタイミングで切り替えすることができる。電車のアナウンスや周りの声くらいなら余裕で聞こえます。

外観

全体的にラバー的な素材で肌に触っても気にならない程度にはなっています。
質感はかなり良い。

イヤホン部分の内部は渦巻きのようなデザインが施されており、かっこいい。

装着感

意外と気にならない。重量も60gなので存在感はあるものの重くはない。

出かける前に首にかけて出れるので気軽に持ち歩けます。イヤホン同士も磁石で吸着するのでプラプラ邪魔になることもありません。

ただ、運動しながら使うにはあまり良くないかも。
肩の振動がもろに影響あるので音質が悪くなったり、肩が痛くなったりするかも。

音質

低音強めのドンシャリサウンド。
アプリと連携してイコライザでいじれますが、おまけ程度です。

音質はこの価格帯で言えば全然あり。低音がかなり響くし、高音も必要十分。
音声コーデックも「AAC、aptX、SBC」に対応してるので音質面を気にする人も問題ないだろう。

HipHopとか低音よりの音楽を聞いてるとテンション上がる。
ANCも効いてるので音楽に集中して楽しめる。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

その他

  • 実はハイレゾ対応してます。音源がないので確認はできないですが
  • 「Bluetooth5.0」ということで駅で使用してもブツブツ切れたりノイズがのったりということはほとんどありません
  • 付属品にはAUX変換ケーブルがあり、有線接続も可能です。
  • 音量ボタンが本体に付いてるので本体側からも変更可能です。

まとめ:高コスパの素晴らしいネックバンド型イヤホン

以前は「SHUREのカナル型イヤホン」とか「ゼンハイザーのヘッドホン」とか数万~数十万するオーディオ機器を購入していましたが、このイヤホンを使用してみて全然低価格イヤホンもありだなって思いました。

8,999円で完全防水だし、ANC付いてるし、10時間持つし、ハイレゾも聴けちゃうしでコスパ最高です。Anker製品いろいろ購入していますが、大満足の製品を出してくれました。

Soundcore Life NC」おすすめのイヤホンです。

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が良かったらシェアしてください
フジワラモガをフォローする
フジモガ

コメント 承認後に表示されます