通知バッジを自由に変えられる「Badgomizer」が素晴らしい

iPhoneのテーマをいじり始めて間もないがさっそく手を入れたくなってきた。
カスタマイズが好きな者にとって、この衝動は止まることはないのだと思う。

今日は通知バッジの話。

注意
本記事は脱獄されたiPhoneのみで有効です。
純正iPhoneでは、使用できませんのでご注意ください。
ご利用は自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク

Goodgesが気に食わなくなってきた

今までは「Goodges」というTweakを使用して、アプリ名に通知を表示させるようにしていた。
こんな感じに。
img_0aa740
だけど、この表示だと以下の点で不満がでてきた。
・バッジのサイズが大きいこと(少し目立ち過ぎか…)
・通知件数は表示しなくてもいい(件数に限らず通知があれば必ず開くので、件数を表示する意味がない)

なにか他にバッジをいじれるTweakはないかと探していたところ、大変素晴らしいものを発見したのだ。

自分好みに通知をカスタマイズできる「Badgomizer」

Badgomizer
※有料脱獄アプリで筆記時は「$1.99」

ダウンロード・インストールはCydiaで検索すればでます。

このTweakを使うと通知バッジの色や形、バッジの位置、サイズ等が自由に変えられる。
Cydiaに上がっているスクリーンショットで悪いが参考の画像を上げておく。

badgomizer2
このTweakの良いところは通知バッジの他に、アプリ削除時のバッジ、アップデート時のバッジも変更可能なところだ。アニメーションも加えられる。
さらに、どのように変更されているかのプレビュー画面もあるので弄りやすい。

badgomizer4

「Badgomizer」を使ってどうなったか

こうなりました。

img_080g5
img_07ll40

点だけになりました…。アイコンと相談して、この形が一番シンプルで良かったです。少し目立つようにアイコンの色は赤にしました。

「Badgomizer」だけでは通知件数を消すことはできないので、別途で「Hide Badge Text」を入れて通知件数を消してます。
1つのTweakで完結できればよかったんですが、これは仕方ないですね。
そのかわり、GoodgesとColorBadgesを削除しました。とりあえずはこれで使用してみます。

まとめ

今回のカスタマイズはかなりマニアックになってしまいましたね。
でも、こういう小さな部分にこだわるのも脱獄らしくて素晴らしいことだと思います。

ちなみにだが、この「Badgomizer」だが、表示に条件もつけることができる。
何件の通知がきた場合は指定のテーマを割り当てると言った機能だ。
この機能を利用して通知が10件きたらドットの色を変えることもできる。

 

使用しているTweakを記事にまとめました。こちらもよろしく。

【iOS9.3.3】iPhone6Plusにインストールした脱獄アプリとTweak

2016.10.29

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。