【ドラクエウォーク】NoxPlayerで位置偽装プレイする方法【女医導入編あり】

Nox Walk

「Ver.1.2.0」から「セキュリティーのポリシー違反が探知されたため、アプリケーションを終了します」とのエラーでNoxPlayerで起動できなくなりました。

現在、起動方法が見つからないため、わかり次第追記します。

ついにドラクエ版ポケモンGOの「ドラゴンクエストウォーク」が配信されました。
ポケモンGOの合間にプレイすると新鮮で結構おもしろいです。

今日は家でもドラクエウォークがしたいがために、PCでダウンロードできる「NoxPlayer」を使って動かしてみました。

脱獄iPhoneがあれば位置偽装も容易なのでiPhoneでプレイしたいところですが、残念ながら未脱獄状態なのでPCがあればできるエミュレーターを使った方法を試してみました。

初めて「女医」と呼ばれてる位置偽装アプリも使用してみたので合わせて解説していきます。

エミュレータを使用したプレイはアカウント停止の可能性があります。
使用は自己責任でお願い致します。

関連記事 【女医】ドラゴンクエストウォークで使う位置偽装アプリ【使い方】

「NoxPlayer」でドラクエウォーク起動編

Androidエミュレータソフトは色々なものが出ていますが、特に難しい設定もなくドラクエウォークを動かせたので「NoxPlayer」だけでした。

ドラクエウォークを動かすまでの流れ
  • 「NoxPlayer」をインストール
  • 「GooglePlayストア」へログイン
  • 「ドラクエウォーク」をインストール
  • プレイ開始

「NoxPlayer」をインストール→起動

NoxPlayer
NoxPlayerは完全無料なAndoroidエミュレーターです。お好きなスマホゲームやアプリをPCの大画面でプレイできます。Windows・Macとの高い互換性を備え、快適なゲーム体験を提供します。

上記の公式サイトから「NoxPlayer」をダウンロードしてインストールしましょう。
僕は最新バージョンの「6.3.0.8」で「Android5」をインストール。

エミュレータを使用する場合はBIOS画面で「仮想化機能」を有効化しましょう。
これをONにするだけでエミュレータの速度が劇的に速くなります。(IntelCPUに限る)

各PCで設定項目の画面が違うと思うのでググりながら設定してみてください。

NoxPlayer 仮想化機能(インテルVT:Virtualization Technology)を有効にする方法

インストールが完了すると勝手にNoxが立ち上がります。

「NoxPlayer」が99%で止まってしまう

起動する時にプログレスバーが99%まで進行後、フリーズしてしまう現象が起こります。

実際に僕もこの状態になってしまい、NoxやAndroidのバージョンを変えたりしましたが改善しませんでした。

最後にインストールする場所を別のディスクにしたら起動に成功しました。
確定的な改善方法ではないですが、もし詰まったら参考にしてみてください。

フジワラ
フジワラ

あとVPNを接続したまま起動しようとしたら99%から動きませんでした。珍しい事象ですが、もしVPNをONにしてたらOFFにして起動し直しましょう。

「Android5」のが安定動作します

以前は「Android7」で遊んでいましたが、DQウォークの最新版だと動きがカクカクになったり、アプリが強制終了したりと不具合が多かったです。

そのため、今は「Android5」でインストールすることをおすすめします。

「NoxPlayer」の設定

起動してしまえばこっちのものです。

初期状態だとタブレットになっているので、携帯電話サイズに設定しています。
グラフィックスレンダリングモードは「強化互換モードβ版(OpenGL +)」です。

以前は「DirectX」でやっていましたが、不具合があったのでこちらに変更しました。

設定画面を載せておくので参考にしてみてください。

「GooglePlayストア」へログイン

インストールから起動まで確認したら「GooglePlayストア」にログインします。

「Toolフォルダ」→「GooglePlayストア」からアプリを起動します。

GooglePlayストアアプリ
「Toolフォルダ」→「GooglePlayストア」

アプリを起動できたら画面に沿ってGoogleアカウントでログインします。
ここは難しくないので画面の指示にしたがってやってみてください。

「ドラクエウォーク」をインストール

ログインが完了するとアプリをインストールすることができるので「ドラゴンクエストウォーク」をインストールしましょう。

ドラゴンクエストウォークアプリ
検索ボックスから検索する
ドラクエウォークインストール完了
インストールできるとアイコンができるよ!

「ドラゴンクエストウォーク」起動前に位置情報を確認する

初回起動から変な場所に移動しないよう、念の為「ドラクエウォーク」起動前に位置情報を確認します。

マップを確認する
マップのアイコンをクリックする。
表示されてなかったら縦バーの3点マークを押して表示する。

起動するとマップを読み込めませんとの表示がでます。
絶対出るんだけど僕だけなのだろうか…。

読み込めませんとでていますが、普通に動きます。
移動したい場所にピンを置いて位置づけを押しましょう。

これで現在地を確定することができました。
念の為、この設定は見ておきましょう。

もし海外に位置づいたまま起動してしまって、即日本に移動してアクションを起こしてしまうと明らかに人間の動きではないので変なログが残る可能性がある。

「ドラゴンクエストウォーク」起動

やっと起動まできました。
対策されてそうなもんですが「NoxPlayer」だと何も設定することなく起動できます。

ドラクエウォーク起動確認
ドラクエウォーク起動確認2

位置情報は先程ピンを置いた場所になっているはずです。

「ドラゴンクエストウォーク」起動編はここまで。お疲れさまでした。

スポンサーリンク

「女医」インストール編

「ドラクエウォーク」を起動できましたが、このままではマップを使ったテレポート的な遊びしかできません。

実は「NoxPlayer」には標準でキーボードでプレイできるモードが有るのですが、僕の環境ではなぜか方向キーが消えてしまい使い物になりませんでした。

「NoxPlayer」に内蔵された方向キーモード

というわけで人気がある「女医」と呼ばれるアプリ「Fake GPS Location – GPS JoyStick」を「NoxPlayer」にインストールしてみましょう。

「女医」をインストールする

「GooglePlayストア」からインストールしたいところですが、後述するプライバシーモードを使いたいため公式サイトからAPKファイルをダウンロードします。

GPS JoyStick Guide - The App Ninjas

gpsjoystick-unlocked-armeabi-v7a.apk」というファイルをダウンロードします。

ダウンロードできたらAPKファイルをそのまま「NoxPlayer」にドラッグします。
するとインストールが完了し「女医」のアイコンが表示されます。

「女医」を起動する

「女医」を起動するとプライバシーポリシーが表示されます。
ずっとGooglePlayストアの審査を通ってきたので安心して使ってね的な事が書いてます。

「受け入れる」をクリックすると、評価しろだのフォローしろだのでますが全て無視でOKです。

この画面まで来たら起動完了です。

警告回避のためにプライバシーモードを使う

もう使えるじゃん!と思いきやそうはいきません。

このまま使おうとすると「セキュリティーのポリシー違反が探知されたため、アプリケーションを終了します」とのエラー表示がでます。

これは「女医」をインストールしたことで、悪意のあるツールを認識してしまって警告が出ている状態です。

このままでは使えないのでそれを回避するプライバシーモードを使います。

プライバシーモードの使い方
  • 手順1
    「プライバシーモード」をクリック

    「生成する」をクリック

  • 手順2
    生成したアプリに適当な名前をつける

    名前を付ける画面がでるので適当に名前を付けます。(10文字以上)
    付けたら「開始」をクリック。

    生成には少し時間がかかるので待ちます。

  • 手順3
    生成されたアプリをインストールする

    生成が完了するとこの画面になるので「次へ」をクリック。
    その後、インストールボタンが表示されるのでクリックする。

    完了するとこの表示になります。

  • 手順4
    プライバシーモードが有効になったアプリが完成

    ホーム画面に戻ってみると「女医」が2つになってるはずです。

    作成した「女医」の起動を確認したらオリジナルの「GPS JoyStick」はアンイストールしましょう。

    これがあるとまた警告が表示されます。

「女医」を有効化する

生成した「女医」を起動して有効化します。

「現在位置を取得します」にチェックを入れて、開始をクリックします。

「位置偽装に必要」という表示が現れ、「モックロケーション」をONにしろと言われます。
言われたとおり「設定に移動」をクリック。

「開発者向けオプション」画面に飛ばされるので「疑似ロケーションを許可」をONにします。
ONにしたら再び「女医」に戻り開始ボタンを押すと広告が流れ有効化できます。

無事有効化されると方向キーとメニューが表示されます。
これで「女医」のインストールから起動までは完了です。

「ドラクエウォーク」を「女医」を使ってプレイ

先程は警告が表示され起動できなかったドラクエウォークが「女医」ありでも起動できるはずです。

画面の通り方向キーを使って移動可能です。
メニューでは移動速度を変えたりできます。

鍵マークアイコンをクリックすれば方向キーをずっと固定できるので、ウォークモードと併用すれば自動レベル上げが可能です。

もし女医の「自動歩行+ウォークモード」で頻繁にフリーズするようでしたら、下記を試してみてください。

・地名表示をOFFにする(メニューからONOFFできます)
・自動歩行ルートを小さくする
・歩行速度を4~6kmに変えてみる

確定的な対策ではないですが、上記で改善する可能性があります。
もし、別の方法で改善するよ!ってわかるかたは情報いただけると嬉しいです。

「女医」のマップモードが落ちる・強制終了する

Noxの設定にある「グラフィックスレンダリングモード」を「強化互換モードβ版(OpenGL +)」に変更して改善がないかお試し下さい。

「DirectXモード」で動かしているとマップモードで落ちる場合があります。


フジワラ
フジワラ

「女医」の詳しい解説を別記事で書きました!
読めば自動レベル上げができる程度には解説しています!

スポンサーリンク

追記:「DQウォーク」ver1.0.1以降でも「女医」を動作させる方法

フジワラ
フジワラ

DQウォーク最新バージョン1.1.1でも動作確認済みです。

「ver1.0.1」以降から女医を導入しているとDQウォークの画面で「GPSの信号をさがしています」とのエラーが表示され使用できなくなりました。

調べてみると女医をシステムとしてインストールすることで回避できるようなので試して見たところ、見事最新バージョン(1.1.1)で動作を確認できました。

最新バージョン(1.10)から色々機能追加やソート改善されているのでぜひアップデートしましょう。

最新版をAndroid7で遊ぼうとすると動きがカクカクしたり、アプリが強制終了したり不具合が多かったのでAndroid5に変更しました。
もし不具合がでるようならAndroid5でお試しすることをおすすめします。

プライバシーモードで作成した「女医」をシステムインストールする

この記事を読んだ方は「女医」のプライバシーモード作成までは済んでるはずです。まだ作成できてない場合は作成しましょう。

「女医」のシステム化
  • 手順1
    「NoxPlayer」の設定から「Root起動」にチェックを入れる

    設定→Root起動にチェックを入れて「NoxPlayer」を再起動します。
    これを行わないとシステム化がうまくいきません。

  • 手順2
    「/system/app mover ★ROOT★」をインストールする

    「NoxPlayer」から「GooglePlayストア」を開き、「/system/app mover ★ROOT★」というアプリをインストールします。

    これは任意のアプリを「systemフォルダ」に移動するアプリ。
    このアプリを使うことで初心者も簡単にシステム化することができます。

    /system/app mover ★ ROOT ★

    /system/app mover ★ ROOT ★

    j4velin無料posted withアプリーチ

  • 手順3
    「/system/app mover ★ROOT★」を使って「女医」をシステム化する

    インストールが完了したらアプリを開きましょう。

    「選択を記憶」にチェックを入れて、「許可」をタップ
    チェックを付けてOKをタップ
    プライバシーモードで作成した「女医」を選択する
    systemフォルダに移動していいか問われるのでOKをタップ
    移動完了しました。システムを再起動していいですか?との表示が出るのでOKをタップ

    システムが再起動します。

    これで「女医」のシステムインストール完了です。
    「女医」を起動した状態でDQウォークを起動してみましょう。

    システム再起動だけだとキーボード入力ができない問題が起こりました。その場合は「NoxPlayer」ごと再起動しましょう。

  • 手順4
    最新バージョン(1.10)で「女医」起動確認

    ルート作成して自動歩行もウォークモードも動作しています。
    「GPSの信号をさがしています」エラーも表示されなくなりました。

    もし動かない場合は「NoxPlayer」ごと再起動してみましょう。

すげー大変なのかと思いましたが、アプリ1つ入れるだけで最新バージョンでも「女医」を動作させることができました。

スポンサーリンク

「問題が発生したため「女医」を終了します」とのエラーが出る

Android5を使っていると「女医」のシステムインストール後に起動するとエラーが発生します。
インストールがうまくいっていないようなので再度インストールする必要があります。

「女医」の再インストール
  • ラベル
    ファイルマネージャーを開く

    ファイルマネージャーを開きます。

    Android7だと「Amaze」、Android5だと「ファイルマネージャー」になると思います。

    僕はAndroid7なので「Amaze」を使った解説になります。

  • ラベル
    「system/prive-app/女医」 に移動する

    起動直後の位置だとよくわからない人もいると思うのでサイドバーを開いて「ルート」を押して位置を移動します。

    そこからsystemフォルダprive-appフォルダまで移動していきましょう。

    prive-appフォルダまで移動するとプライバシーモードで作成した「女医」のapkがあります。

  • ラベル
    「女医」を再インストールする

    apkを見つけたらタップして再インストールしていきます。

    インストールをタップ
    インストールをタップ
    インストールが完了しました。

    以上で再インストールは終了です。
    これで「女医」が動くか試してみましょう。

DQウォークのセーブデータ保管場所

DQウォークのセーブデータは下記のパスに保管されています。

/data/data/com.square_enix.android_googleplay.dqwalkj/shared_prefs/com.square_enix.android_googleplay.dqwalkj.v2.playerprefs.xml

com.square_enix.android_googleplay.dqwalkj.v2.playerprefs.xml」というファイルがセーブデータ本体になります。

つまりこのファイルさえPCに保存しておけばスクエニIDを使って引き継ぎしなくても、ファイルを上書きするだけで同じデータで遊べます。

スクウェア・エニックスIDを使う引き継ぎができない

これはお知らせで告知があり「不具合」とのことです

Android7で最新版を遊ぼうとすると動きがカクカクになったり、アプリが強制終了したりでうまく動きませんでした。そのためAndroid5に移行したのですが、その際、上記の画面でコピペができず引き継ぎができませんでした。

そんな時に役に立つのが先程のセーブデータです。

Android7から先程の場所でデータをPCに保存。
Android5をインストールした「NoxPlayer」にDQウォークをインストールしてから、同じパスの場所に行き、上書きするだけで同じデータで遊ぶことができます。

以前流行った多重起動でレベル上げもこの方法を使ってると推測します。
これなら引き継ぎが必要ないのでいくらでも同じデータのNoxを量産できます。

一歩間違うとデータを削除してしまう可能性もあるので、操作には充分注意して下さい。

フジワラ
フジワラ

多重起動レベル上げ界王拳はBANされると証明されていますので絶対しないようにしましょう。

まとめ:久しぶりの「NoxPlayer」楽しい!

モンストとかポケモンGOでお世話になったNoxPlayer。
久しぶりに触ってみると色々できて面白い。

僕はAndroid端末をもってないのでPCで触れるのは嬉しい!

「女医」関しては僕も触ったばかりなので、色々わかってきたら解説記事でも書くかもしれません。とりあえずこれにてPCでドラクエウォークプレイは終わりです。

ありがとうございました!

PCソフト ツール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が良かったらシェアしてください
フジワラモガをフォローする
フジモガ