EVEREST100のイヤーピースを「トリプルコンフォートイヤーピース」に変えてみた

コンプライシリーズを使用していたのですが、僕の耳状況から不満が大きくなってきました。そのため、SONY製の新製品「トリプルコンフォートイヤーピース」にイヤーピースを変更することにしました。

耳がすぐ湿る僕にはコンプライのイヤーピースはきつい

少し汚い話になりますが、僕は耳が湿っぽい人です。
コンプライシリーズのウレタン素材はかなり優秀なのですが、どうやら僕の耳とは相性が悪いのか、長時間使用していると耳が痒くて辛いです。
しかも、耳の液を吸っているのか、短期間でイヤーピースが黄ばんできてしまいます。
これは衛生的にも悪いし、しかも買い替えが頻繁になると経済的にもきつくなってきます。(コンプライのイヤーピースはお世辞にも安いとは言えないので)

そこで、ずっとシリコン系のイヤーピースがいいなーっと思っていたら、SONYからまた変わったイヤーピースが発売されたことを知りました。
それが独自開発されたシリコンフォームを使用した「トリプルコンフォートイヤーピース」です。

コンプライTS500→SONYトリプルコンフォートイヤーピースへ

今回最初にSサイズを購入したのですが、あまりにサイズが小さかったので、Mサイズを再度購入しました。
コンプライSサイズが丁度よかったので、Sサイズにしたのですが、こちらのイヤーピースは一回り他の製品より小さいようです。
購入の際は要注意です。そちらも踏まえて何枚かの画像を投下します。

製品画像 トリプルコンフォートイヤーピース
iyapisu

裏表 Mサイズ
hikaku1

Sサイズ Mサイズ 比較
hikaku2

SサイズMサイズ大きさ つぶした感触
hikaku3

トリプルコンフォートイヤーピースSサイズMサイズ コンプライTS500 Sサイズ
hikaku4

EVEREST100に装着 Mサイズ
hikaku5

装着穴とEVEREST100(光すぎですみません・・・。)
穴とほぼ同じ直径ですが、ちゃんと押し込めば綺麗にハマります。
イヤーピースの装着部はおよそ「0.5mm」です。
hikaku6

画像は以上になります。参考になれば。

SONYトリプルコンフォートイヤーピースの使用感

触った感じはすごく良い感じ。これがシリコンなのかと疑うレベルの気持ちよさ。
ウレタン素材っぽいけど潰しても潰れないでシワが寄る感じ。
ホコリは結構つく。触ってるとつく。

遮音性はコンプライよりは弱い感じ、微かに外の音は聞こえる。
だけど、低音がなくなるレベルではないので問題なし。僕には程よい圧迫で良いです。

耳に入れた感じは気持ちいい。第一印象はかなり好印象だ。これなら長時間でも耐えれるかもしれない。まだ、長時間の検証はしていないので、後日追記します。

シリコンフォームは良いのですが、材質がウレタンっぽいので僕の湿っぽい耳に耐えれるか少し不安ですね。結構すぐ汚れそうです。
でも、水洗いが可能なイヤーピースなので、定期的に洗浄すればいいですかね。

追記:約3週間使用して

かなり良い感じです!!
やっぱり何度つけても耳への装着感がよく、気持ち良いです。

ただ、長時間の使用は湿っぽい耳の僕にはやっぱり辛かったです。1時間くらいで耳の中が痒くなってきます。
まぁでもこれはカナル型イヤホンの宿命なのでしょうね。
コンプライ製よりは断然、痒くなる頻度は減っているので、結果的には良かったです。

あと、耳垢がつきにくいです。
コンプライ製はすぐ耳垢で黄色く変色してくるのですが、このイヤーピースは3週間使用してもまったく黄色くなっていません!これには感動です。
水洗いもできるので衛生面は素晴らしいと思いました。

音質の方はちゃんとフィットしたサイズを使えば音が漏れたり悪くなるといったことはないでしょう。ただ、コンプライほどの密閉感はないので、外の音を気にする人は注意です。

簡単ですが、以上を感想とします。
とりあえず、他に気になるイヤーピースが出るまではこのイヤーピースを使うことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。