【5万曲クラウド化】「Google Play Music」は手持ちの音楽ファイルが多いほど最強になる【アップロード】

この前初めて「Spotify」を使ってみました。
音楽クラウドサービスなんて全然曲数ないしイマイチだろうって考えてたんですが、使ってみるとこれが意外と良かった。

特に良いなって思ったのが関連アーティストって機能があって今聞いているアーティストと似た音楽をオススメしてくれる機能。
新しいもの好きなので新しい音楽をどんどん発掘したい僕にはぴったりでした が、、

なんか違うなんかダメ。
やっぱりない曲はない。

あー久しぶりにあれ聴きたいなぁって時にSpotifyにはない。
あと、特定のアーティストは版権の問題なのか全く無い。
これはダメだ、Spotify気に入ってたけどダメだ。。。

と嘆いていた時に見つけたのが今回見つけた音楽クラウドサービス「Google Play Music

基本はSpotifyと変わらない。少し邦楽アーティストに強いくらい。
だけどこいつの魅力はそこじゃない。

「ロッカー機能」と呼ばれる手持ちの音楽ファイルを5万曲までアップロード(クラウド化)できるサービス。これが強すぎる。
いろいろ調べたけどこの機能があるのは今の所「Google Play Music」のみ。

音楽聴き放題に契約してしまうと今までの曲は結局iTunesとか使って端末に入れて持ち歩かないといけないじゃんって思うけど、このサービスがあればそんなこと必要ない。

クラウドにアップロードすればいいだけ。

今日はそんな「Google Play Music」のお話。

フジワラモガ

Spotifyで見つけたオススメアーティストは「メアリー」です。

「Google Play Music」 のサービス詳細

価格月額プラン(個人)980円
月額プラン(ファミリー)1,480円
無料プランあり
音楽コンテンツ数4,000 万曲
対応機種Android、iOS、ウェブ
無料お試し期間30日間
オフライン再生音楽をダウンロードしておけばオフライン再生可能
Youtube Music有料プランだと自動的にYoutube Musicにも加入

価格については妥当なところでしょう。

僕のオススメはファミリープラン。
家族だろうが恋人だろうが最大5人まで招待できます。
しかも、招待された人は最大10台のデバイスまで登録して「Google Play Music」を利用できます。

「Google Play Music ファミリー プラン」の詳細

無料プランと有料プランの違いは下記の画像が参考になります(公式の画像です)

「Youtube Music(月額980円)」も使えちゃう

あまり知られていませんが「Google Play Music」に加入すれば「Youtube Music(月額980円)」にも自動的に契約されます。(支払いは「Google Play Music」のお金のみ)

「Google Play Music」で聴ける曲も増えるし、「Youtube Music」単体での利用も可能です。

月額サービスってことを考えるとかなりお得感あります。

「Youtube Music」の詳細はこちら

NOTE
無料プランでも音楽再生やロッカー機能(後述)は使えますが、広告が出たり曲のスキップできなかったりと制限があり使い勝手が非常に悪いです。
特別な理由がないなら有料プランがオススメです。

「Google Play Music」の見た目

文字だけじゃ伝わりにくいと思うのでブラウザ版の見た目を紹介。
基本このUIでアプリ版もあまり変わりません。

「Google Play Music」の見た目
オススメアーティストページ
「Google Play Music」の見た目
アーティストページ
ちなみにアーティストの画像は変更できません(自動で選ばれる)
「Google Play Music」の見た目
アルバムページ
ジャケット表示でわかりやすい
「Google Play Music」の見た目
トップチャートページ
人気曲はここにあつまる
「Google Play Music」の見た目
新作ページ
新婦などはここをチェック

ブラウザ版では音楽再生はもちろんGoogleHomeに音楽を飛ばして再生させることもできます。あとは音楽のタグ編集など基本的な操作はできます。

「Google Play Music」 のロッカー機能について

ロッカー機能とは先程話したとおり、手持ちの音楽ファイルを5万曲までアップロードできるサービス。

ほとんどのファイル形式に対応していますが、「1ファイルの最大サイズが300MB制限」とアップロードすると強制エンコードされ「最大ビットレート320kbpsのMP3ファイル」になります。

サポートファイル形式は下記の詳細ページを参照してください。

Google Play Music でサポートされているファイル形式

POINT
CDからリッピングした曲はもちろん、iTunesで購入した曲もアップロードすることができました。

実は無料プランでも使える「ロッカー機能」

実は5万曲をクラウドに上げるだけなら無料プランでも可能です。
保管庫としての利用もできるかもしれませんね。

ただ、無料プランだと広告がでたり曲のスキップが制限されていたりと色々と都合が悪いです。
「ロッカー機能」を楽しむ使い方をするなら有料プランに入ることをオススメします。

アップロードできる「5万曲」という途方もない数字

50,000曲ってどれ程の曲がアップロードできるのかというと普通に音楽を聞くような人はまず使い切れない数です。

僕も以前は3万曲ほど所持していましたが、今では整理して1万5千曲ほどです。

つまり心配しなくても手持ちはすべてクラウド化できるということ。

フジワラモガ

気になってMusicBeeに登録してある音楽ファイルを調べたらこんな感じでした。この音楽ファイルもすべて「Google Play Music」 にあげてあります。

手持ち音楽ファイルのアップロード方法

「ブラウザを使う方法」と「ソフトウェアを使う方法」があります。

ブラウザを使う方法

「Google Play Music」のページを開き左上のメニューバーを押すと「音楽をアップロード」という項目があります。
ここを押すことでブラウザにドラッグアンドドロップで手持ち音楽ファイルをアップロードできます。

「Google Play Music」手持ち音楽ファイルのアップロード方法 ブラウザ編
「Google Play Music」手持ち音楽ファイルのアップロード方法 ブラウザ編
Alart
ブラウザを使う方法は便利なんですが、かなーり不安定です。
個々の環境にもよると思いますが僕の環境では失敗ばかりでまともにアップロードできませんでした。
正直、ブラウザを使う方法はオススメできません。
このエラーが多発しました。

ソフトウェアを使う方法

安定して使えるのはこちらの方法です。

アップロード用に「Google Play Music Manager」と呼ばれるソフトを配布しています。
使い方は簡単で「アップロードしたい音楽ファイルがあるフォルダを指定するだけ」です。

フォルダを追加してしまえば監視機能もあるので音楽を追加するたびに自動で「Google Play Music」にアップロードしてくれます。

「Google Play Music Manager」

マイライブラリ一括ダウンロード機能もあり、ローカルに落としたいときに役立ちます。
(ただし個別のダウンロードはできないので注意)

「Google Play Music Manager」

「Google Play Music Manager」のダウンロードはこちらのページ

フジワラモガ

自分がどれくらい音楽をアップロードしたかもすぐわかるので僕は「Google Play Music Manager」を使った方法をオススメします。

PCで使うなら「Google Play Music Desktop Player」が便利

ブラウザ版で使うのもいいですが、PC版なら非公式のデスクトップアプリ「Google Play Music Desktop Player」というオープンソースソフトがあります。
有志の方が作ってくれたのですが使い勝手もよく、ブラウザと別で管理できるので便利です。

「Windows、Mac、Linux」に対応しています。

「Google Play Music Desktop Player」ができること

  • メディアキーのサポート(再生、一時停止、停止、前へ、次へ)
  • Last.FM ScrobblingとNow Playingのサポート
  • トラック変更に関するデスクトップ通知
  • 単純なミニプレーヤー
  • カスタマイズ可能なダークテーマ
  • タスクバーのメディアコントロール(タスクバーに埋め込まれたメディアコントロール)Windowsのみ
  • HTML5オーディオサポート
  • 内蔵オーディオイコライザー
  • バックグラウンドミュージックの再生、タスクバーへの最小化
  • カスタマイズ可能なホットキー
  • 出力デバイスの選択

カスタマイズできるダークテーマとLastFMに対応してるのが僕的にGood。

「Google Play Music Desktop Player」の見た目

「Google Play Music Desktop Player」の見た目
「Google Play Music Desktop Player」のトップページ
「Google Play Music Desktop Player」の見た目
「Google Play Music Desktop Player」のアルバムたち
「Google Play Music Desktop Player」の見た目
「Google Play Music Desktop Player」の設定画面
「Google Play Music Desktop Player」のミニプレーヤー
「Google Play Music Desktop Player」のミニプレーヤー

設定項目はかなり充実しており、自分好みに設定できます。
曲の変わり目にはデスクトップ通知があるのでなんの曲を再生しているか一目瞭然です。

まだBeta版ですが歌詞表示もできるようです。
ですが、邦楽にはほとんど対応しておらず歌詞が見つかりません。
ここは今後に期待です。

フジワラモガ

ダークモードが違和感なく適用できて目に優しいし、かっこいい

「Google Play Music Desktop Player」のダウンロードはこちら

まとめ:無料お試し30日間あるのでまずは使ってみて!

「Google Play Music」の既存の曲だけでは満足できませんが、そこに自分の手持ち音楽も合わせて使えるのでほぼ死角なしで音楽クラウドサービスが楽しめちゃう。

今、音楽聴き放題サービスを使うなら間違いなく「Google Play Music」が最強です。

フジワラモガ

PCではMusicBeeを愛用してましたが、今では完全にこっちに浮気してます。。。

「Google Play Music」の詳細はこちら


音楽に美しさを!高画質アートワークをダウンロードできるサイト MusicBeeコンパクトプレイヤーの画像 iTunesは重い!軽くてお洒落な音楽プレイヤー「MusicBee」の機能と使い方!

コメントを残す