【iPASTORE】企業証明書付きで色々なIPAをインストールできるツール【PC不要】

4

「IPA」と呼ばれるアプリファイルをインストールしたいがPCがない!

そんな人でもiPhoneだけでインストールから起動まで簡単にできてしまうツールを発見しました。

IPAとは?

 iOS上で動作するアプリケーションを含むアーカイブファイルの一種

しかも、このツールでインストールするIPAは企業証明書付きとなっており、個人署名書でインストールする際に発生する7日ごとの期限切れが起こりません。

さらにIPAをiPhone内部に保存しておけるのでいつでも端末にインストールすることが可能になっています。

フジワラ
フジワラ

ポケモンGOで「iSpoofer」を使用していますが証明書切れが煩わしく、解決策を探していた「Lobi」で面白い話をしてるスレを発見してしまいこの「iPASTORE」を知りました。

そんな素晴らしいツール「iPASTORE」について本記事では紹介していきます。

「iPASTORE」はこんな人に便利

  • PCを持っていない
  • PC操作が苦手
  • 個人証明書の7日期限が嫌だ
  • 企業証明書でずっと使いたい
  • 再インストールするためにPCを立ち上げるのが面倒
  • とにかく簡単にIPAをインストールしたい
  • IPAをたくさんインストールしたい

上記に当てはまる人はぜひ使ってみてほしいです。

「iPASTORE」は年払いの有料ツール

残念ながら、有料になります。

ですが、年払いで最安プランは19ドル。日本円で2000円程度。月額換算で160円程度です。

フジワラ
フジワラ

月額160円であの面倒さが取り除かれるなら最高!って思いで僕は購入してみました。

「iPASTORE」の使い方

僕も最近使い始めたので至らぬところがあると思いますが、iPhoneだけでインストールから起動までいけたので記事にします。

記事は随時更新していくのでわからないことがあればコメントで教えて下さい。

なお、本記事はすべてiPhone1つで実行できました。PCは不要です。

「iPASTORE」のライセンス購入

お試し期間とかはないので、はじめにライセンスを購入します。
ライセンスは大まかに2種類プランがあります。

「iPASTORE」 ライセンスプラン
  • iPASTORE Lite 年間19ドル
  • iPASTORE Premium 年間29ドル

何が違うのかと気になりますが、企業証明書を使用してIPAをインストールするだけなので「Liteプラン」で問題ありません。
「Premiumプラン」はAppCakeサポートが付くかどうかだけです。(たぶん)

気になる方は公式サイトで比較してみてください。

「iPASTORE」は「UDiD」と呼ばれる端末の固有識別IDを元にインストールページが作成されます。そのため端末ごとにライセンスの購入が必要になります。

端末が多ければ多いほどお金がかかってしまうのでご注意を。

「iPASTORE」のライセンス購入方法

購入は簡単です。PayPal払いとクレジットカードが使えます。
PayPal払いのが安心です。

「iPASTORE」のライセンス購入方法
  • 手順1
    「iPASTORE」公式サイトでLiteプランを選ぶ

    「PROCESS TO CHECKOUT」まで行きましょう。
    タップすれば個人情報入力画面になります。

  • 手順2
    個人情報を入力する前に「UDiD」を調べる

    入力画面に見慣れない「UDiD」という項目があります。

    これは端末固有の識別IDになり「iPASTORE」を使用したいiOSデバイスのIDを調べる必要があります。

    下記に調べ方を記載します。

    入力ページの上の方に「UDiD」を調べるサイトのリンクがあります。
    見つからない人はここからどうぞ。

    下記の画像順にタップで進んでください。

    「Tap to show UDiD」をタップ
    「許可」をタップ
    プロファイルをインストールします
    上記の画面になれば「UDiD」が表示されます。

    これで「UDiD」がわかりました。文字列をコピーしておきましょう。

  • 手順3
    購入ページに個人情報を入力する

    ローマ字で良いので必要な情報を入力しましょう。
    四角の枠にはさきほど調べた「UDiD」を貼り付けます。

    完了したら次に進みます。

    この画面が出たら、気にせず下の「CONTINUE」をタップします。

  • 手順4
    支払い方法を決めて、決済する

    デフォルトはPayPalになってるのかな?PayPalの選択肢しか出なかったのでクレジットカード決済については今のとこ不明です。

    PayPal決済は画像のようにチェックを付けて「PROCEED TO PAYPAL」をタップします。

    詳細を確認して決済しましょう
    決済完了画面

    決済完了し、上記の画面になったら画面をスクロールして「ショッピングサイトに戻る」をタップします。

    「iPASTORE」ライセンス購入完了

    ここまでくれば購入が完了しました。
    購入完了のメールも入力したメールアドレスに送信されます。

    こんなメールが来ます

    上記のメールが届いたら「UDiD」を元に専用にインストールページの作成が開始されます。「UDiD」をAppleに登録しなければならないため、時間がかかるので気長に待ちましょう。

    僕の場合約1時間ほどでメールが届きました。
    12時間以内には必ず送信されるはずなので焦らず待ちましょう。

    フジワラ
    フジワラ

    決済したのにメールがこないぞ!って人がいると思うのですが、ここはしばし待ちの時間です。

  • 手順5
    専用インストールページが書かれたメールがくる

    このメールがくれば入力した「UDiD」の端末に「iPASTORE」をインストールすることができます。

    おめでとうございます。

「iPASTORE」をインストールする

専用インストールページがきたら実際に端末に「iPASTORE」をインストールしましょう。
手順は簡単です。

インストール作業にはiPhone純正のSafariブラウザを使いましょう。
Chrome等のブラウザを使用するとプロファイルがうまくインストールできない可能性があります。

「iPASTORE」を端末にインストールする
  • 手順1
    専用インストールページから飛ぶ
  • 手順2
    専用ページに飛ぶのでアクティベートする

    タップするとプロファイルインストールに進みます。

  • 手順3
    プロファイルをインストールする
    「許可」をタップ
    「インストール」をタップ
    「開く」をタップ

    これで「iPASTORE」がインストールされます。

    この画面が表示されたら「Follow on Twitter」をタップします。

    この画面が出たらインストール完了です。

    お疲れさまでした。

「iSpoofer」をインストールしてみよう

「iPASTORE」のインストールは完了したので、本来の目的である「iSpoofer」をインストールしましょう。

「iPASTORE」にはインストールできるアプリ一覧が表示されているのでそこから容易に「iSpoofer」を探すことができました。

「iSpoofer」をインストールする
  • 手順1
    「iSpoofer」をタップする
  • 手順2
    インストールするタップ

    インストールが始まると右上の文字が変化していきます。

    本家のポケモンGOをインストールしてると上記エラーが表示されるので、本家ポケモンGOをアンインストールしてから再度試してみましょう。

    成功すると上記の画面が表示されるので「インストール」をタップします。

    「インストール」をタップしても一見なにも起こらないですが、HOME画面に戻ってみるとインストールが開始されています。

    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_7492-800x205.png です
  • 手順3
    「iSpoofer」インストール完了

    お馴染みのポケモンGOアプリが表示されたらインストール完了です。
    タップして起動も確認してみましょう。

    これで企業証明書付きのIPAになっているので「iPASTORE」がダウンしない限り、認証切れは起こりません。

「iPASTORE」には「iSpoofer」意外にもいろいろ便利なアプリが並んでるので気になるものをインストールしてみましょう。

番外編:「iSpoofer」のクローンアプリをインストールする

「iPASTORE」はこの機能があるから購入したと言っても過言ではないです。

一見「iPASTORE」の一覧にあるアプリしかインストールできないように感じますが、実はIPAだったら何でもインストールすることができます。

そこで、今回は「iSpoofer」のクローン版をインストールしてみます。
これもiPhone1つでインストールから起動までできます。

「iSpoofer」クローン版とは?

bundleIDを変更してあるIPAで、IDが被らないので1端末に複数のポケモンGOアプリをインストールすることができます。(公式とも併用して使用可能)

詳しく知りたい方は下記の記事をどうぞ。

フジワラ
フジワラ

「iPASTORE」は固有識別IDを使っているので、1つの端末ごとにライセンス購入が必要です。ですが、このクローン版を使えば1つの端末で複数アカウントに対応できるのでライセンスが1つで済みます。

 

つまりお得です。

「gpmikhail」版をインストールする

今回は最近、使ってる「gpmikhail」版をインストールしてみます。

「gpmikhail」版をインストールする方法
  • 手順1
    IPAをダウンロードする
    r/PokemonGoSpoofing - iSpoofer 2.9.5 (0.149.1a) Custom Icons
    26 votes and 11 comments so far on Reddit
    3つのIPAが並んでいます

    今回は上記の「Yellow」バージョンを使ってみます。
    URLをタップしましょう。

    mediafileと呼ばれるサイトに飛ばされるので画像のリンクをタップします。

    ダウンロードが始まります。
    一見動いていないように見えますが、上の青いバーがダウンロードの進捗を示しています。

    待っているとダウンロードが完了します。

    ダウンロードの青いバーが表示されないよ?って人はSafariブラウザでも簡易版を使用してる可能性があります。

    その場合は右下のSafariアイコンをタップすることで簡易版でないSafariに移行できます。

     

  • 手順2
    ダウンロードしたIPAをインストールする

    上記の画面が表示されたらダウンロードが完了しました。
    「iPASTORE Lite」で開くをタップします。

    「iPASTORE」アプリが立ち上がりIPAの処理を開始します。

    処理が完了するとインストールするボタンを表示されるので「インストール」をタップします。

    「インストール」をタップしても何も起きませんが、HOME画面ではインストールが始まっています。

    アイコンが表示されればインストール完了です。
    起動確認してみましょう。

    「iPASTORE」一覧にないIPAも簡単にインストールすることができました。もちろんこのアプリたちにも企業証明書が付いています。

    画像の通り「gpmikhail」版の「Blue,Red,Yellow」全て「iPASTORE」を使ってインストールすることができました。

IPAファイルはいつでも再インストール可能

一度「iPASTORE」から直接インストールしたIPAやクローン版の様にIPAを自分でインストールしたファイルは何度でも端末のみで再インストールが可能です。

「iPASTORE」の左上にある3本線のアイコンをタップすると左からメニューが表示されます。

「Imports」について

「Resigend」と付いたアプリはすでにインストールしたことがあるアプリです。

「Imports」には自分でダウンロードしたIPAが表示されます。
項目をタップすれば再インストールが可能です。

「App Manager」について

「App Manager」ではダウンロードまたはインストールしたIPAが全て表示されます。
ここからでも再インストールが可能です。

再インストール時のオプションについて

「Imports」から再インストールする場合は様々なオプションを選択することができます。

各オプションの訳は上記を参考にしてください。

ただ、「Rename App」意外は効果がわからずどういうふうに使えるか検証中です。
もしわかる方がいれば教えてくれると嬉しいです。

「Rename App」は自分でアプリ名を変更できるので面白いです。

「Duolicate Install」は同じアプリを複製してインストールできるのかと思ったんですが、オプションをONにしてもすでにインストールしてるアプリに上書きされるだけで複製されませんでした。

「iPASTORE」のトラブルシューティング

ここでは疑問に思いそうなことや難しそうなことを追記していきます。

専用ページのメールをなくしてしまった場合

「UDiD」を登録した端末で下記のURLにSafariでアクセスしてください。

iPASTORE

上記の画面に飛ぶので「Tap Here to Install」をタップする。

プロファイルインストールが始まり、「iPASTORE」を再インストールすることができます。
プロファイルを使って登録した「UDiD」を紐付けてインストールするので、必ず登録した端末でアクセスしてください。

支払い完了メールがこない、決済後の専用メールがこない

  • 迷惑メールフォルダに分類されていないか確認
  • 専用ページは最短で1時間、最長で12時間かかる場合があるので気長に待つ
  • サポートに連絡する

どうしてもメールが来ない場合はサポートに連絡しましょう。
Twitterでも受付しているようです。

メールアドレス [email protected]
Twitter  https://twitter.com/ipast0re

近日中に端末を買い換える場合

購入してから30日以内なら「UDiD」の変更が可能です。
その後は再度ライセンスを購入する必要があります。

変更したい場合は下記連絡先に連絡しましょう。

メールアドレス [email protected]
Twitter  https://twitter.com/ipast0re

「iPASTORE」でインストールしたアプリが開けない場合

登録された「UDiD」で問題が起こった可能性があります。
下記の再発行URLから必要な情報を入力して再発行してもらいましょう。

発行には時間がかかるようで最大24-48時間は待ってほしいとのことでした。

iPASTORE Replacement Service

再インストールした場合、以前の「iPASTORE」でインストールしたアプリは証明書が無効になるので新たに再インストールする必要があります。

実際にインストールしたアプリが開けなくなった

2週間位経過して「iPASTORE」経由でインストールしたアプリが開けなくなりました。
「iPASTORE」アプリ自体も起動後にすぐ落ちてしまう状態になってしまいました。

専用インストールURLが記載されたメールを保持してるので再インストールを試みましたが、インストールが途中で止まってしまいダメダメな状態に。

早速、上記のURLから交換申請してみました。
記入する情報はオーダーメールに全て記載されているので大事に保管しておきましょう。

19時くらいに送信して、翌日の15時くらいにはインストールURLが送られてきました。
インストールも無事完了して一安心です。

フジワラ
フジワラ

この現象がどれくらいの頻度で起こるかわかりません。
もし頻度が高いようならかなり面倒ですね…。

「iPASTORE」でインストールできる上限について

今の所上限については未確認です。
ただ、僕が知りうるポケモンGOアプリのクローン版は10個インストールすることができました。

「InstagramRocket」と呼ばれるアプリもインストールできたので、合計11個インストールできている状態です。もちろんすべてのアプリの起動も可能です。

フジワラ
フジワラ

上限なしなのかな?

どうしてもサポートに連絡したいことがある

下記URLからチケットを作成しましょう。

iPASTORE Support

または下記の連絡先に連絡することで解決するかもしれません。

メールアドレス [email protected]
Twitter  https://twitter.com/ipast0re

まとめ:PCがないユーザーには最高のツール

証明書切れに悩んでいたら思わぬ神ツールを発見してしまいました。

本記事では一切PCを使っておらずiPhone1つで完結しています。
証明書も個人から企業証明書に変わったので7日問題も解決されました。

しかし「iPASTORE」の証明書が今後永遠に使えるかと言われたらそうではないので、覚悟が必要です。ただ、企業証明書はそう簡単になくならない気がします。

僕もまだ使い始めたばかりなので、いろいろなれてきたら随時記事を更新する予定です。
ここがわからないよ!ってコメントもどしどしください。それを元に記事を改善していきます。

フジワラ
フジワラ

久しぶりに最高のツールを見つけてしまった…
もう「Cydia Impactor」なんて必要ない!

iPhoneアプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が良かったらシェアしてください
フジワラモガをフォローする
フジモガ