【iSpoofer】色違いポケモン探しに使える「Feed Radar」が便利すぎ

feedradar

最近、色違いポケモンにハマってるフジワラです。

グライガーとオタチの色違いが実装されて、グライガーはすぐゲットすることができたのですが、オタチがどうにもハマってしまって苦労しています。

そんな色違いポケモンを探してる時に「iSpoofer」の「Feed Radar」という機能を発見しました。

「NearBy Radar」という自分の周りにいるポケモンを表示する機能は知っていたのですが、この機能はいつの間にか追加されていたようです。(調べると2019年5月には実装されてました)

単純にフィードリストのポケモンを表示するだけですが、これが色違い探しに大いに役に立ちます。

「Feed Radar」を使った色違い探しの動画

「Feed Radar」を使った色違い探しの動画

一通りの流れを動画にしてみました。

色違い探しの流れ
  • マップのポケモンをタッチ
  • 右上の個体値表示を確認(色違いだとキラキラのアイコンが表示される)
  • ノーマルだったら左側の「Feed Radar」のポケモンをタッチ
  • 逃げるマークが表示されたらタッチ
  • 別座標のポケモンが読み込まれたらタッチ(以下繰り返し)

流れ的にはこんな感じで、ノーマルだとわかったら即「Feed Radar」を利用して別座標に飛んでおきます。逃げるをタップしたあとには、すでに別座標にいるという作戦です。

逃げたあとにフィードリストを開いてタップしてテレポートするという作業がなくなるので、その分時間を短縮することができます。

フジワラ
フジワラ

色違いの場合はキラキラ表示されるのですぐに判別可能です。

スポンサーリンク

「Feed Radar」の使い方

それでは詳しい使い方を説明します。

フィードリストを設定する

「Feed Radar」はその名の通り、フィードリストのポケモンを表示するので事前にフィードリストをカスタマイズしておく必要があります。

フィードリストを設定する
  • 手順1
    フィードリストを開く
    ショートカット画面から表示する
    「iSpoofer」のアイコンから表示する

    どちらかの方法でフィードリストを開く

  • 手順2
    フィードリストの左上にあるフィルタボタンをタッチ
    フィルタボタンをタッチ
    メニューが表示されるので「Edit」をタッチ

    フィルタの編集をします。

  • 手順3
    個体値100ポケモンを表示するように設定する
    お好みに設定してみましょう

    エディタ画面が表示されるので自分好みに編集してください。

    僕の場合だと個体値100の色違いがほしいので個体値を100で固定します。

    あまりこだわった設定にするとフィードリストに表示されるポケモンが少なくなってしまうので個体値だけ設定するのがおすすめです。

  • 手順4
    目的のポケモンを追加する
    好きなポケモンを追加する

    そのままエディット画面の下にいくとポケモンを指定する項目があります。

    検索欄を使ってポケモンを検索

    ここに自分が見つけたいポケモンを設定します。
    「+Add」を押すと追加できます。

    僕はオタチがほしいのでオタチを追加。
    何匹でも追加はできるので数種類狙ってる人は追加しましょう。

    これでフィードリストの設定は完了です。

マップ高速表示設定をONにする

設定画面に「Speed Up Map Loading」という項目があるのでONにします。

これはマップを移動した時に、プレイヤーをランダムに動かしてマップの表示を高速化する設定です。これをONにしないとプレイヤーが静止した状態で、ポケモンやポケストップの表示に時間がかかります。

色違い探しで一番時間がかかるのが、このマップ表示なのでここで高速化しておきましょう。

フジワラ
フジワラ

ここをONにしても表示が遅い時は遅い…。

「Feed Radar」をONにする

全ての準備が整ったので「Feed Radar」をONにします。

設定から「Feed Radar」をタッチする
「Feed Radar」の設定をする

「Feed Radar」をONにしましょう。

ついでに下にある自動更新設定とアラート設定をします。

自動更新は最低30秒まで設定できます。
テレポート時のアラートは表示すると、座標の詳細が移動前に表示されます。
僕はワンタップ作業が増えてしまうのでOFFにしています。

画面に「Feed Radar」が表示される

そうすると常時「Feed Radar」が画面に表示されます。

テレポート済みのポケモンは「Feed Radar」から表示が消えていくので、何も考えずポケモンをタップしていくだけでOKです。

また、自動更新設定をしていればいちいちフィードリストにいって更新する必要もなくなるので色違い探しに集中できます。

スポンサーリンク

まとめ:色違い探しが圧倒的に楽になりました

数タップでペカったグライガー

というわけで「Feed Radar」の使い方でした。
なかなかの便利機能でしたが気づくのが遅かったです。

もうみんなは普通に使ってるのかな?

色違いマニアの方必見の「Feed Radar」のお話でした。
わからないことがあればコメントでお知らせください。

フジワラ
フジワラ

ちなみにこの方法でもオタチはまだペカってません…。

iPhoneアプリゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が良かったらシェアしてください
フジワラモガをフォローする
フジモガ