【iSpooferインストール編】高速ゲットや自動歩行ができる位置偽装アプリ【ポケモンGO】

「ポケモンGO」で使える位置偽装アプリ「iSpoofer」のインストール方法を解説します。「iSpoofer」はiPhoneのみ利用が可能です。

「iSpoofer」は「IPA直接インストール版」「PCを使ったIPA版」「証明書発行ツール版」の3つの方法でインストールすることができます。

一番簡単なのは公式サイトからそのままインストールできる「IPA直接インストール版」です。

それも踏まえて「iSpoofer」のインストール編をはじめていきます!

「iSpoofer」は非公式ツールです。利用したことでアカウントBANの可能性があります。導入・使用は自己責任でお願い致します。

「iSpoofer」って何ができるの?

「iSpoofer」には「無料版」と「Pro版」があり月額$4.95を支払うことで機能を拡張することができます。

3ヶ月分の購読だと13%OFFになりもっと安くPro版が使用できます。

「iSpoofer」ができること一覧

基本的な操作

  • ジョイスティック(マップ手動移動)
  • 独自のパトロールルートの作成
  • GPXルートの自動生成
  • テレポート
  • 手持ちポケモンのIVチェック
  • 自動歩行
  • ポケモンフィード座標を表示
  • 出会ったポケモンのIVチェック
  • 現在地近くのポケモンやジムのリアルタイムスキャン
  • 現在地近くのジムスロットのリアルタイムスキャン
  • 高速キャッチトリック(ゲット演出の短縮化)

マップレーダーの操作

  • お気に入り場所の追加(インポート)
  • GPXルートの作成
  • GPXルートのインポート/エクスポート
  • ポケモン、ジム、ポケストップの表示
  • 自動歩行の回数設定

赤マーカーの箇所は「Pro版」のみ使用可能です。
もっと詳しく知りたい方は公式サイトから参照してください。

「iSpoofer」の目玉は高速キャッチトリックと呼ばれるポケモンの高速ゲットです。
さらに、インターフェースが見やすく操作もしやすいです。
フィードリストもクールダウンタイムが記載され便利。

スポンサーリンク

「iSpoofer」のインストール方法

  • IPA版直接インストール(iPhoneのみでOK)
  • PCを使ったIPA版のインストール(PC必須)
  • 証明書発行ツール版(iPhoneのみでOK)

インストール方法は3つで「IPA版直接インストール」が一番簡単です。

「iSpoofer」IPA版直接インストール方法(一番簡単)

直接インストールは証明書の問題で不定期に使用できなくなる頻度が高いです。

IPA版はアプリ自体にこの「iSpoofer」を埋め込んだ物と考えていいでしょう。


IPA版直接インストールに必要なもの
  • iPhone
  • ある程度のiPhone操作知識

※インストール前に本家ポケモンGOはアンインストールしましょう。

「iSpoofer」IPA版直接インストール
  • 手順1
    iPhoneで「iSpoofer」公式サイトへ移動

    公式サイト→https://www.ispoofer.com/ispoofer4pokemongo/

    ※Safariブラウザで開くことをオススメします。

  • 手順2
    インストールページへ移動する

     

    「(iOS版)のインストール」をタップ

     

    「今すぐインストール」をタップ

    もしうまくいかない場合は下記の代替えリンクからもインストールを試してみましょう。

  • 手順3
    インストール確認画面が表示される

    「インストール」をタップ
    タップしても何も起こらないですが、ホーム画面に戻るとインストールが開始されています。

    インストール中。
    お疲れ様でした。

    ※「iSpoofer」の更新がある度にこの作業が必要です

インストールしたアプリが開けない、インストール自体できない場合

インストールしたアプリが開けない、インストール自体できない場合

非公式アプリをインストールすることになるのでiPhone側で「プロファイルの認証」をする必要があります。

「iPhoneの設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」→「HeNan Mobile Games SoftWare CO…」の項目をタップ→「信頼する」をタップ

インストール自体開始されない人は上記の認証をしてから再度試してみてください。

「iSpoofer」PCを使ったIPA版のインストール方法

PCを使った場合のIPA版のインストール方法。
「Cydia Impactor」と呼ばれるソフトを使用するので直接インストールするより少し面倒です。


2019年11月22日追記

Apple側の仕様変更により「Cydia Impactor」を使ったIPAインストールができません。アップデートされるのを待つしかないですが、現状更新されていない状態です。

今のところは公式から「直接インストール」するか「iPASTORE」「Signulous」を使った方法が最善だと思います。

PCを使ったIPA版インストールに必要なもの
  • iPhone
  • PC
  • iTunes
  • Cydia Impactor
  • ある程度のPC知識

※インストール前に本家ポケモンGOはアンインストールしましょう。

「iSpoofer」IPAファイルのダウンロード

公式サイトからIPAファイルをダウンロードします。

公式サイト→https://www.ispoofer.com/ispoofer4pokemongo/

クリックすると保存できます。
こんな感じのファイルをダウンロードできます。

「Cydia Impactor」を使うには公式「iTunes」が必須

「Cydia Impactor」は「iTunes」の機能を使うのでインストールしておく必要があります。

「iTunes」のインストールはこちら→https://www.apple.com/jp/itunes/download/

「Cydia Impactor」で「iSpoofer」IPA版をインストール

ダウンロードしたIPAファイルをiPhoneへインストールします。
インストールには「Cydia Impactor」というソフトを使用します。

「Cydia Impactor」公式ページ

ここから自分にあったOSバージョンをダウンロード 。
ダウンロードしたら解答して使用します。

IPA版のインストール手順
  • 手順1
    「Impactor.exe」起動する

    「Cydia Impactor」を起動するとこんな画面がでます。

  • 手順2
    iPhoneをPCに繋ぐ

    iPhoneをPCに繋ぐと情報が表示されます。
    ※インストール作業が終わるまで抜かないように

  • 手順3
    IPAファイルをドラッグして、メールアドレスを入力する

    先程ダウンロードしたIPAファイルをソフトのところにドラッグする。
    ドラッグすると「AppleIDのメールアドレス」を入力してくれとメッセージがでるので入力します。

  • 手順4
    パスワードを入力する

    メールアドレスを入力すると今度はパスワードを入力してくれとメッセージがでます。

    パスワードを入力しますが、ここで2段階認証をしている方はアプリ用のパスワードを発行する必要があります。(後述)
    これをやらないとエラーになります。

    2段階認証してない方はそのままパスワードを入力すればインストールが進みます。

  • 手順5
    「iSpoofer」インストール完了

    全ての入力が完了すると上記の画面になりインストール中になります。

    少し待てばインストールが完了します。
    「Complete」と表示されれば完了です。

    ホーム画面に「ポケモンGO」アプリが表示されるはずです。

AppleIDのアプリ用パスワードを発行する方法(2段階認証してる場合)

Apple ID」のページへ飛び、ログインします。
メールアドレスとパスワードです。

ログインすると「App用パスワード」という項目があるので「パスワードを生成」をタップして、パスワードを発行します。

適当にパスワードの名前を付けます

成功すればパスワードが表示されますので、そのパスワードを「STEP.4」の「Cydia Impactor」に入力します。これでインストールが開始されます。

インストールされたのにポケモンGOアプリが表示されない

プロファイルの認証が必要です。
「Cydia Impactor」を初めて使った人はこの作業が必要になるかもしれません。

「iPhoneの設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」→「HeNan Mobile Games SoftWare CO…」の項目をタップ→「信頼する」をタップ

認証してから再度インストールを試してみてください。

「Cydia Impactor」で「provision.cpp:81」が表示されて進まない

何らかで「Cydia Impactor」を既に使用したことがあり、その別の証明書が切れてる可能性があります。
その証明書の情報を削除してあげる必要があります。

「Cydia Impactor」→「Xcode」→「Revoke Certificates」

上記をクリックすると「AppleID」と「パスワード」を求められるので入力します。
2段階認証してる方は、App用のパスワードが必要です。

入力に成功すれば「revoked 1 certificates」と表示され証明書が削除されます。

その後、あらためて「iSpoofer」のインストールを試してください。

「Cydia Impactor」で「Installer.cpp:62 」が表示されて進まない

ポケモンGOの別バージョンがインストールされている可能性があります。
多くの場合、本家ポケモンGOを削除し忘れてる際に表示されます。

本家を削除してから再度インストールを試してみてください。


他のエラーについては下記のページを参照すると良いです。

参考 Cydia Impactorの使用時に発生するエラーまとめ

「Cydia Impactor」を使ったIPAファイルは7日ごとに再インストールが必須

無料のAppleIDでは、インストールから7日経過するとアプリが開けなくなります。
面倒ですが再署名をする必要があります。

その際は、アプリを削除する必要はないのでそのまま「Cydia Impactor」を使って再インストールをしてください。これでアプリを開けるようになります。

1つのAppleIDでインストールできるアプリは3つまで

末尾に「0xe8008021」という数字が並んだエラーが出る場合があります。

これはAppleIDでインストールできる上限に引っかかっているためでるエラーです。
1つのIDでインストールできるアプリは3つまでなので、上限にあたってないか確認してみましょう。

別のアカウントに切り替えれば回避できるので、新しくアカウントを作成するのも手でしょう。

「iSpoofer」証明書発行ツール版 インストール方法

年払いの有料ツールになりますが、個人証明書切れがなくPC不要でインストールすることができます。


証明書発行ツール版インストールに必要なもの
  • iPhone
  • ある程度のiPhone操作知識
  • 年払いできる資金力

証明書発行ツール版」については詳しい記事を別で書きましたので、こちらを参考にしてください。有料ツールでも問題ないよ!って人はこちらの方法をおすすめします。

フジワラ
フジワラ

僕はこの方法でインストールしています。
証明書なんてもう関係ないので最高です。

現在、2つのツールが有り、それぞれ解説しています。
本ブログでは操作が簡単な「Signulous」をオススメします。

スポンサーリンク

まとめ:難しいこと考えたくない人は「IPA版直接インストール」がおすすめ

どこかの噂では「iSpoofer」を使用したときのほうがBAN率が高いと聞きますがどうなんでしょうか。。。

フジワラ
フジワラ

使い始めて4ヶ月以上立ちましたが、今の所BANはありません。


iPhoneアプリ ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が良かったらシェアしてください
フジワラモガをフォローする
フジモガ