【仮想通貨】各取引所がどれくらいの時間で新規口座の開設ができるか検証してみました

最近どんどん伸びている仮想通貨

実は僕も最近手を出し始めました。
とはいっても先日、ようやく全ての機能と取引ができるようになったので、取引自体はこれからやろうと思います。

新規口座開設をしていて思ったのが、どれくらいの時間、期間で仮想通貨を取引できるようになるのか。

現在、各社CMをどんどん打って宣伝しているので、すごいスピードで拡散しています。来年1月にはかなりの数の人が仮想通貨に参入してくるでしょう。

そこで、これから新規の口座を開設すると、各社どの程度の時間がかかるのか検証してみました。

検証した仮想通貨「取引所」

国内でよく名前を聞く5社に口座を開設してみました。

bitFlyer

・12月17日に口座開設を開始
・12月18日登録した口座が承認される
・12月21日にハガキが到着

登録から4日で全ての機能が使えるようになりました。

bitFlyerの開設はこちら

Coincheck

・12月17日に口座開設を開始
・12月19日に本人確認の書類が承認されたとの連絡
・12月21日にハガキが到着

登録から4日で全ての機能が使えるようになりました。

Coincheckの開設はこちら

bitbank

・12月17日に口座開設を開始
・12月21日に本人確認書類が承認されましたとの連絡
・12月23日にハガキが到着

登録から6日で全ての機能が使えるようになりました。

bitbankの開設はこちら

Zaif

・12月18日に口座開設を開始
・12月26日現在も申請中から進展なし

追記:
1月10日にようやくZaifからハガキが郵送されてきました。これで全ての機能が使えるようになりました。
ただ、ここはAPI漏れや不正アクセスで勝手に送金などの被害があるらしいので、個人的にオススメできない取引所になってしまいました。

Zaifの開設はこちら

GMOコイン

・12月20日に口座開設を開始
・12月26日現在も審査中から進展なし

・1月12日 引き続き、審査中から進展ありません

GMOコインの開設はこちら

おまけ:住信SBIネット銀行にも口座開設してみた

取引所を使う際に円の入金が必要になりますが、その際に役立つのが住信SBIネット銀行です。
この銀行であれば、土日に関わらず即座に円の入金が可能です。しかも、他の銀行よりも入金の反映が速いです。
仮想通貨をいじる人であればぜひ作っておきたい口座です。

僕は口座を持っていなかったので取引所を開設した際に一緒に新規開設してみました。

・12月18日に口座開設を開始
・12月24日に銀行のキャッシュカードが届く

登録から6日で全ての機能が使えるようになりました。

住信SBIネット銀行の開設はこちら

口座開設完了として送られてくるハガキの見本

開設が完了している3社 bitFlyer Coincheck bitbank のハガキです。
参考にどうぞ。

まとめ

bitFlyerとCoincheckはかなり速く口座の開設が完了しました。この辺はかなり開設処理にリソースを使っていることがわかります。
bitbankも上記2社よりは少し遅いですが、開設することができました。

ZaifとGMOコインについてはまったく処理が追いついていないのか、現在も取引できる状態まで進んでいません。
GMOコインに関しては本人確認書類の手続きが完了しましたが、審査で時間がかかっているみたいです。
Zaifに関しては、他の人もハガキこない!って言っていたので相当開設に遅れがでてるみたいです。

仮想通貨やりたいのに口座開設に時間がかかるのはかなりの機会損失になっていると思いますが、大丈夫なんでしょうか…。

開設が完了したらまた更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。