【ポケモンGO】位置偽装する上で知っておきたい知識まとめ

最初に位置偽装を知ったときは、ワクワク感もありましたがちょっと難しいなって感じもありました。

Googleで調べてると情報は出てくるのですが、クールダウンとかソフトBANとかどの位置偽装アプリを使ったら良いのかとか結構複雑なワードが並んでて苦労すると思います。

そんな初心者の方のためにポケモンGOで位置偽装する上で知っておきたい知識をまとめてみました。是非参考にして見てください。

位置偽装は自己責任

位置偽装はアカウントBANになりうる行為です。

運営側に何をされても文句は言えません。
最悪アカウントが使用できなる可能性があることを意識した上で使用しましょう。

各OSで使える位置偽装アプリ

現状、動作確認済みの位置偽装アプリ

iPhone

  • iSpoofer

iOSでは「PokeGO++」というアプリが定番でしたが、ナイアンティック社の訴えによりサービス停止となりました。現状では「iSpoofer」と呼ばれるアプリが使用可能です。

参考 【iSpooferインストール編】高速ゲットや自動歩行ができる位置偽装アプリ【ポケモンGO】

参考 【iSpoofer使い方編】高速ゲットや自動歩行ができる位置偽装アプリ【ポケモンGO】

Android

  • Fake GPS Location – GPS JoyStick
  • PogoEnhancer

僕はAndroidを持っていないので知識がほぼないですが、Androidユーザーがよく名前を上げている位置偽装アプリを書いてみました。導入はGoogle検索をご活用ください。

「GPS JoyStick」は昔からあるアプリで「女医」というワードで使われてることが多いです。
また、最近出た「PogoEnhancer」もポケモンGOに特化していて使いやすいらしいです。(有料ツール)

導入難易度はiPhoneより格段に跳ね上がるので覚悟が必要です。

ソフトBAN(高速移動BAN)について

位置偽装をする上で非常に重要になるのが高速移動時のソフトBANと呼ばれるものです。

通常のBANとは違い、現在地から遠く離れたところへテレポートする際に発生するペナルティとでも考えてもらえれば良いかもしれません。

主なペナルティの内容は下記の通り。

ソフトBAN時のペナルティ
  • ポケモン捕獲時に必ず「逃げる」
  • ポケストップが回せない(時間を開けてくださいとのメッセージが出る)

つまり逸脱したテレポートでポケモンを乱獲することはできない仕様になっています。

このソフトBANを解除するには時間を空ける必要があり、それを「クールダウン」と偽装界隈では呼ばれています。

ソフトBAN解除に必要なクールダウンについて

座標が記録される行為を行った場所から、次にテレポートしたい座標の距離によってクールダウン(時間を空ける)の時間が変化します。

では、座標が記録される行為とは何なのか下記の一覧を見てください。
ついでに座標が記録されない行為も合わせてどうぞ。

座標が記録される行為(記録行為)
  • ポケモンの捕獲
  • ポケモンの捕獲画面でボールを落とす
  • ポケモンの捕獲画面で木の実を投げる
  • レイドバトル後のゲットチャレンジでの捕獲
  • レイドバトル後のゲットチャレンジで木の実を与える
  • ポケストップを回す
  • ジムバトル
  • ジムにポケモンを配置する
  • ジムのポケモンに木の実を与える

※ポケモン捕獲画面を出すだけならセーフ(色違い判定に使える)
※レイドバトルだけならセーフ

座標が記録されない行為(非記録行為)
  • ポケモンGOアプリの起動
  • テレポート
  • 道具の整理(捨てる等)
  • ポケモンの強化・進化・交換・整理
  • ギフトを送る・受け取る
  • リワード報酬の取得・捕獲
  • タマゴの孵化
  • 相棒のアメ取得

※テレポートは記録行為に思えますが、実は何度やっても記録されません

記録行為を行った後の必要なクールダウン時間について

記録行為を行ったのでクールダウンを取ろう、ではどれくらい時間を空ければいいのでしょうか。これは前述したとおり、記録行為を行った場所から次にテレポートしたい場所によって時間が変化します。

下記の一覧を見て見ましょう。

移動距離必要なクールダウン時間
1 km30秒
5 km2分
10 km6分
25 km11分
35 km14分
65 km22分
81 km25分
100 km35分
250 km45分
500 km1時間
750 km1時間15分
1000 km1時間30分
1500 km 以上2時間

 

見ての通り、移動距離によってクールダウン時間が大きく変化しています。
そして、クールダウン時間のMAXは2時間です。

1500km以上離れてる場所では、7000km、10000kmだろうが2時間のクールダウンを取ればテレポートできるということになります。

「iSpoofer」にはクールダウン時間を記録する機能がある

記録行為をしたあとは、クールダウン時間を計測しなくてはいけないわけですが、かなり面倒だし計測ミスもありえます。

iPhoneで利用できる「iSpoofer」には自分が取ったアクションからクールダウンのカウントを始めてくれる機能があります。また、自分がとった行動が全て記録されるようになっているので目安にもなります。

「iSpoofer」でクールダウン時間を計測する設定
  • 1
    設定から「Record Last Action」をONにする

    上記の設定をONにしましょう。

  • 2
    座標リストにクールダウン時間が表示される

    「0 secs」となってる場合は、クールダウン時間が終了しているのでいつでもポケモンを捕まえることができます。

    「120 mins」となってる場合はMAXまでクールダウン時間があります。
    この時間が「0 secs」になるまで待ってポケモンを捕獲しましょう。

    この設定をONにしておけば、座標リストを今の現在地から一番近い順にソートすることも可能になります。

  • 3
    自分が何をしたかも記録される

    「Coordinates Feed」の横にある「Journal」をタップすると記録が表示できます。

    この時は、色違いチェックしてたようで数分でテレポートしてることがわかります。

クールダウン時間についての参考例

漠然とクールダウンとかソフトBANとかお話してきましたが、理解するのはなかなか大変です。
僕も最初はそうでした。

そこで、どんな風にクールダウンを取ればいいか参考例を記載します。

例:日本からニューヨークへ飛んだ場合

クールダウンを取らないダメなパターン
  • 日本で捕獲&ポケストップ回しをした状態
  • クールダウンタイムを2時間取らずにニューヨークへテレポート
  • ニューヨークへテレポート後も2時間待たずにポケモンを捕獲実地
  • クールダウンタイムを適正とっていないためポケモンは必ず逃げます(ソフトBAN)

日本でアクションを起こした場合、ニューヨークへテレポートするまでは問題ないですが、次のアクションを起こす際は必ずクールダウンを取りましょう。上記の場合ポケモンはボール1球目で「Flee」となり逃げてしまいます。

クールダウンを取った良いパターン
  • 日本で捕獲、ポケストップ回しをした状態
  • クールダウンタイムを2時間取らずにニューヨークへテレポート
  • ニューヨークへテレポート後、2時間何もしないで待機
  • 2時間後、ポケモン捕獲を実地
  • クールダウンタイムを取っているので捕獲可能

きちんと2時間待機したので、ポケモンを捕獲可能です。
捕獲したらその後のクールダウンを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

BANについて(3ストライクポリシー)

今のポケモンGOには「3ストライクポリシー」と呼ばれるものが適用されています。
一発アカウント停止はなく、順々にアカウントへのペナルティが強くなっていきます。

では、各ペナルティについて見てみましょう。

最初の警告(1ストライク)

  • 赤い警告画面が表示される
  • 7日間のシャドーバン(レアポケモン未出現、EXレイド禁止)

2回目の警告(2ストライク)

  • 30日間の一時禁止
  • ログインするとアカウントが停止される旨のメッセージが表示
  • 30日間経過後に再プレイ可能

3回目の警告(3ストライク)

  • 1回目と2回目の注意を受けてなお、注意を受けるとアカウントの永久停止となる

ストライクを回避する方法

クールダウンをきちんと守りましょう。

クールダウンのミスが連続すると不正な位置情報が記録されてしまうので、ストライクされやすくなるはずです。また、クールダウン時間が曖昧になってしまった場合は必ず2時間の時間を空けましょう。

ポケストップBANや捕獲BANについて

ソフトBANやアカウントBAN意外にも、違ったBAN要素があります。
ほとんどのものが”やりすぎ”が原因によるBANです。

ポケストップBAN

  • 24時間以内にポケストップを1500回まわすと発生する
  • ポケストップを回してもアイテムやXPが取得できなくなる
  • 「少し時間をおいてください」との表示がでる
  • 1時間単位で回した回数がリセットされていく

捕獲BAN

  • 168時間(1週間)で7000匹を捕獲および24時間で1200匹を捕獲する
  • 上記2つの条件が合わさると捕獲BANとなる
  • ポケモンが必ず逃げるようになる
  • 1時間単位で捕獲数がリセットされていく

記載された回数については常に変動しており、明確な数字はわかりませんので目安と考えていただければと思います。また、普通のプレイでこの数字を超えるようなことはないと思います。

”色違い”ポケモンの厳選方法

テレポート自体は記録行為に当たらないため座標リストを使って何度でもテレポートが可能です。それを生かして色違い厳選をすることが可能です。

色違いの判定は捕獲画面で決定する

つまりポケモンをタップして初めて色違いかどうかわかります。
また、捕獲画面で木の実をあげたり、ボールを落としたり、捕獲行動をしなければ「逃げる」をタップしてしまえば記録行為になりません。

そのため下記手順で厳選することができます。

  • 座標リストからテレポート
  • ポケモンタッチ
  • 捕獲画面(色違いか確認)
  • ノーマルだったら「逃げる」をタップ(色違いなら捕獲する)
  • 座標リストからテレポート
  • ポケモンタッチ
  • ・・・

という具合でループしながら色違いを探し求めます。
この方法なら個体値100色違いも現実的な確率になるはずです。

フジワラ
フジワラ

色違い探しで便利な機能「Feed Radar」を発見しました。
こちらを使うと劇的に探索スピードが上がります。

捕獲画面での待機術

運良く色違いを捕まえたあとはクールダウンが待っています。
過疎地域で捕まえてしまうとポケモンもあんまりでないし、レイドもできないしで面白くありません。

でも大丈夫です。続けて色違いを探しに行きましょう。

クールダウン中でも捕獲画面までならソフトBANの影響を受けません。そのため、テレポートしてポケモンタッチまでは問題ありません。
もし、クールダウン中に色違いのポケモンに遭遇したら逃げる必要はなく「捕獲画面」で待機しましょう。

捕獲画面でもクールダウンは継続されているので、クールダウンが終わったタイミングでボールを投げればゲットすることができます。

  • クールダウン時間を誤ってボールを投げてしまうと逃げてしまう
  • 捕獲画面中にアプリが落ちてしまっても捕獲画面から抜けてしまう
  • 捕獲画面待機後にゲットする場合に木の実を使うと「この道具は使えませんでした」のエラーが出現し、捕獲画面から抜けてしまう

「iSpoofer」にはスリープ防止タイマーがある

設定からタイマーのアイコンを押すとスリープ防止タイマーを起動できます。

任意の時間を設定することで端末がスリープになることを防止できます。
捕獲画面でタイマーをセットして放置するのがいい方法でしょう。

フジワラ
フジワラ

ほとんどの人はこんな感じで色違い厳選をしているはずです。

スポンサーリンク

まとめ:意外と知らない偽装知識

偽装をはじめた直後はわからないことだらけで苦労すると思いますが、本記事やGoogle先生を頼りに頑張ってみてください。

本記事は随時更新していくので他に予備知識等あれば教えていただけると助かります。

iPhoneアプリゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が良かったらシェアしてください
フジワラモガをフォローする
フジモガ

コメント 承認後に表示されます