映像切り替えに最適!サンワサプライのHDMI切替器「SW-HD41R」買ってみたのでレビュー!

先日、実は「Nintendo Switch」を購入しました。
これでPS4とSwitchの2刀流となり、ウハウハ喜んでました。

ですが!ここで問題が発生!

実は僕の使ってるPCディスプレイ「PG279Q」はHDMI入力が1つしかありません。
これではゲーム機を変えるたびにHDMIを差し替えないといけないことがわかりました。

んーーーーこれは面倒くさい!
本体側でHDMIを抜き差しして切り替えようかなとも思ったんですが、これも煩わしい…。

そこで、Google先生に聞いてみると、HDMI切替器なる存在を知ったので早速購入してみました。

HDMI切替器はめっちゃ種類がある

さて、購入したい欲望が高まったのでAmazonやヨドバシ、価格ドットコムを駆使して調べてみました。

その結果、HDMI切替器はいろんなのありすぎ…。

海外メーカーも参入しているので国内を含めかなりの数のHDMI切替器があります。
これは難儀しそうだ・・・。

1出力2入力はほしい

もちろんゲーム機2台を繋ぐので入力系統は2つ以上ほしい。
出力はPCディスプレイに1つしかないので、1出力で十分。

ここでわかったんですが、2出力になると切替器の値段が倍以上に跳ね上がります。
2出力って結構コストがかかるんでしょうか…。

リモコン付きが便利そう

色んな切替器を見てて、リモコン付きの物がいくつかありました。

リモコンがあれば、手元で入力系統を自由に切り替えできるのでかなり捗ります。
ないと手動で本体側のボタンを押さないといけないので捗りません。

MEMO
中には入力されている機器の信号をキャッチして自動で切り替えてくれる製品もあるようです。
ちなみに今回買ったのはこの機能も付いてました。

サンワサプライの「SW-HD41R」を購入しました

悩んだ結果、周辺機器で有名なサンワサプライさんの「SW-HD41R」を購入しました。

フルHD(1080P)に対応したリモコン付のHDMI切替器です。
4入力・1出力というオーバースペックですが、入力はいくつあってもいいのでこれにしました。

SW-HD41Rの画像

本体はコンパクトです。
サイズは「横155 x 縦69.5 x 高さ23mm」

SW-HD41R接続してみた

早速、PS4とSwitchを接続してみました。

電源は別途ACアダプタがあります。
入力1つと出力3つは背面、もう1つの出力が前についてます。

本体のLEDがくっそ眩しい

ここで1つ問題がありました。
本体のパワーLEDと切り替えナンバーLEDがギラギラしすぎて眩しいです。

これは製品のレビューでも書いていた人がいたんですが、僕も結構気になりました。
ましてや、PCディスプレイの下に置いてるのでゲームプレイ中にめっちゃ気になる。

ギラギラマンSW-HD41R

LEDにガムテープ貼ってみた

ガムテ貼ってみたけど、微妙ですね。デザインが損なわれます…。

結局、HDMI切替器本体は見えないとこに隠して、LED対策としてハンカチを被せておきました。
ハンカチを被せてもリモコンは反応しました。

自動切り替え機能がついてた

ちゃんと公式ページを見れば書いていたんですが、自動切り替え機能がついてました。
これは、入力している製品の電源が付くと、自動で入力されてるポートに切り替えてくれるというスグレモノ。

例えばPS4をプレイし終わって、電源を切ります。
その後、Switchの電源をつけると何もしなくてもSwitchのポートに切り替えてディスプレイに出力してくれます。

リモコンも良い

リモコン本体は少ししょぼいですが、性能に関しては十分です。感度良好。
各ポート番号切替のボタンもあるし、電源ボタンもあります。

でも、自動切り替えがあるので、そこまで使わないかもしれないですね。
電源切るときに使うくらいでしょうか。

まとめ

今のところは特に問題もなく、切り替えと出力ができています。
電源は入れっぱにして耐久テスト中。

LEDだけが残念な製品ですが、性能は素晴らしいです。
僕が買った時は4500円くらいでした。

これだけの機能がついて4500円はお安いです。
定価は9000円くらいだったのでかなり値下がりしてますね。

フジワラモガ

気軽に切り替えれるのでゲームライフが捗ります!
製品の公式ページはここからどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。