【PC版】GTA5 画質MOD「REDUX」 導入編

ヴァニラでプレイしていても画質が良く感動するのだが、せっかくPCでやるのだから画質の限界をみてみたいとのことで、有名な「REDUX」を導入してみました。

注意(2017年6月15日追記)
「OpenIV」の公開停止が発表されました。
開発元からセキュリティを無効化し、ゲームの改ざんを可能にすることで、権利を侵害しているとの通告がされたようです。
今後、GTAシリーズでのMOD使用は難しくなりそうです。

すでに「OpenIV」を持っている人は、アンインストールの通告がされますが、無視することで、現在も使用可能となっております。

2017年7月4日追記:
本日、「OpenIV」が公開を再開しました。公開停止からコミュニティで多くの反発が生まれオンラインでの署名活動も行われておりました。その結果、開発元もシングルプレイヤーには条件付きで黙認するようです。
公式サイトでダウンロードできる状態となっております。

スポンサーリンク


画質向上MOD「REDUX」とは?

GTA5のグラフィックMODには色々な種類があるが、YouTubeで見たプレイ動画ではこの「REDUX」が一番綺麗に見えた。導入が簡単だったことも決めた理由だ。
やはりゲームのシステムファイルを多くいじるので、手動での操作は怖いものがある。
このMODなら「OIVファイル」というものをインストールするだけで、導入ができてしまうのだ。

注意事項
このMODは多くのシステムファイルを操作するので、最悪の場合ゲーム自体が起動できなくなる可能性があります。再インストールすることで一からやり直しが可能ですが、ファイル操作には十分注意し自己責任でお願い致します。

「REDUX」インストールの下準備をしよう

インストールが簡単と言っても、下準備が多くここで挫折する人もいるかもしれない。
REDUX以外ではこれ以上の作業量が発生するので、まだましなほうだ・・・。

導入の前に必ず「MOD導入準備編」の記事を参照してから始めましょう。

【PC版】GTA5 MOD導入 準備編

2017.02.18

REDUXのダウンロード

まずは本体ファイルを右にある「Download」からダウンロードしよう。
容量が3.3GBもあるので、torrentでダウンロードすると速い。

torrentでダウンロードする場合:
GTA5_REDUX_V1.2.torrent

ブラウザでダウンロードする場合:
GTA5_REDUX_V1.2.zip (Google Drive)

必ず上記の2つをダウンロードしよう。torrentでは2つ一緒にダウンロードできる。
「REDUX_PATCHDAY1」は不具合修正のパッチファイルとなる。

不具合修正パッチも合わせて配布されていたが、バージョンアップで修正されました。今は、1つのファイルで導入可能です。
コメントで教えてくれた方ありがとうございました。

REDUXをインストール可能状態にする

注意
「OpenIV」のアップデートにより以下の作業をする必要がなくなりました。こちらの方法は無視していただいても構いません。次の「REDUXのインストール」へ進んでください。
別の問題がありましたら、教えていただけると助かります。

assembly.xmlを編集する

REDUXファイルだが実はそのままではインストールすることができず、エラーで弾かれてしまう。どうやらインストールするための記述が間違っているらしく、これを修正しなければならない。

ダウンロードした「GTA5_REDUX.zip」を解凍して、「REDUX_INSTALLER.oiv」の拡張子を「.zip」に変更。zipにして、中のファイルをいじれるようにする。

この中の「assembly.xml」ってファイルをいじります。
面倒くさい人はすでにredditで修正済みファイルを配布している人がいたので、その方からいただくのもありです。ダウンロードしたら、zip形式のまま「assembly.xml」をドラッグして上書きしてあげればいい。

GTA V Redux Assembly.xml Error Fixed

「assembly.xml」を編集する人は、ファイルを開き、1行目を以下に書き換える。

<?xml version=”1.0″?>

書き換えが完了したら名前を付けて保存。
この時、文字コードを「ANSI」にする。
あとは、zipにそのままドラッグして上書きしてあげる。
上書きしたら「.zip」から「.oiv」に戻すことを忘れないように。

この作業は結構面倒くさいので、配布済みのファイルを使うことをオススメする。

REDUXのインストール

ようやく目的の「REDUX」までたどり着きました。

OpenIVを起動し「Tool」から「Package Installer」を選択しましょう。
「REDUX_INSTALLER.oiv」を選択。


すると「REDUX」インストール画面となるので、「Install」ボタンを押す。

ここでインストールするフォルダを選択する。
「modsフォルダ」を使用するので「”mods”folder」を選択してください。

ちょっと時間がかかるので、待機。

これで「REDUX」の導入は完了です。
あとは正常に導入できたかどうかGTA5を起動して確かめてみましょう。

REDUX 番外編

起動直後に応答なし状態またはエラー落ちする

gameconfig.xml」の影響によりエラー落ちしていることがほとんどです。
元の「gameconfig.xml」を持ってきて、書き換えてあげましょう。

OpenIVを起動します。
この時、右上の「Edit mode」をONにする。

update\update.rpf\common\data\gameconfig.xml

上の階層に移動して「gameconfig.xml」をドラッグして保存。
ファイルを右クリックExportでも可。

mods\update\update.rpf\common\data\gameconfig.xml

保存した「gameconfig.xml」をここに上書きする。
これで書き換えが完了です。
GTA5が起動できるか確認してみましょう。

補足説明
Add-on車導入で、修正版の「gameconfig.xml」を上書きしている場合は、デフォルトのファイルと入れ替える必要はありません。

車の挙動をデフォルトに戻したい

「REDUX」は画質の他にもシステムに影響を与えているようで、車の挙動がかなり変わってしまいます。
せっかくデフォルトに慣れていたのに大変な思いをしてる人がいるかもしれません。
その場合は「handling.meta」と呼ばれるファイルを書き換えることでデフォルトに戻すことができます。

update\dpdate.rpf\common\data\handling.meta

OpenIVで上に移動し「handling.meta」をドラッグで保存。
ファイルを右クリックExportでも可。

mods\update\dpdate.rpf\common\data\handling.meta

「mods」の方に上書きする。

RESHADE OPTIONSについて

「GTA5_REDUX」フォルダの中を見てみると「RESHADE OPTIONS」というフォルダがあるはずだ。
これは「ReShade & ENB」と呼ばれるフィルタファイルになっている。
こちらも導入することで、更なる画質向上が見込め、自分好みの画質にすることが可能だ。

インストールは簡単でフォルダ内の全てのファイルを「GTA5.exe」があるフォルダにコピーするだけだ。

ちなみに僕は「Redux Ultra – V2」を使っている。
YouTubeでフィルタについてわかりやすい動画を上げている人がいたので紹介する。

どうしてもインストールできない、どうしたらいいかわからない

公式のインストール動画を見ましょう。言語は英語ですが、操作は同じです。
この記事も動画を元に作成しています。

お疲れ様でした。

「REDUX」の導入いかがでしたでしょうか。
うまくできましたか?

「REDUX」の特徴は高画質にも関わらず、あまり負荷がかからないことだと思います。
とは言ってもフレームレートなどを気にすると、多少のPCスペックはほしいので良いグラフィックボードでプレイすることをオススメします。

最後に導入後に撮ったスクリーンショットをのせます。
※一部に「REDUX」以外の高画質テクスチャを使用しています


夜間は光源がないと結構暗いです。

それでは、最高画質で良いGTAライフを。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • OpenIVのVer.2.9.0の更新により
    GTAV REDUX MODがインストール出来ないMOD側の不具合を解消する方法がGTAV 公式HPで公開されています。
    GTA5 REDUX MODがVer.1.1 になりました。

    • お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。
      いただいた情報を元に記事を修正させていただきました。
      情報提供、感謝いたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。