PCでTwitterをするならTweetDeck+BetterTweetDeck+ウィンドウ化の組み合わせが最強すぎる!

今日は、僕がずっと使っているTwitter環境について紹介します。

もうタイトルでバレてますが「TweetDeck」です。
しかし、「TweetDeck」単体だけでは使いません。

「BetterTweetDeck」というアドオンと、Chromeに備わっている機能を使って更にTweetDeckを快適化することができます。

一度構築してしまえばずっと使えるので、ぜひみなさんも真似してみてください。
それではどうぞ!

TweetDeckとは?

まず、TweetDeckとはなんぞやって人もいると思います。
見た目はこんな感じ。(一部モザイク処理)

主な機能

  • マルチカラム対応
  • 複数アカウント対応
  • 検索やユーザーのカラム追加
  • カラムごとのアラート通知

主な機能は備わっていて不便はありません。
さらにアドオンを追加することで機能のパワーアップが可能です。

Twitterアカウントがあればログインするだけで使うことができます。
また、WEBアプリなのでOS関係なく使用できる点も良いです。

▶ TweetDeckはこちら

BetterTweetDeckでパワーアップ

このアドオンはTweetDeckの機能を大幅に拡張してくれます。
改良した画面はこんな感じ。

追加される機能

  • ツイートの表示変更
  • インターフェースの変更
  • サービス毎のサムネイル表示
  • 絵文字の表示と使用
  • カスタムCSSの使用

ツイートの名前と時刻部分をいじったり。

タイムラインに乗るツイート表示も変更できます。

さらにインターフェースについては細かく設定することができます。

その他、細部にわたり設定できます。

サムネイル表示できるサービスもチェックボタンで選べます。

絵文字も使えます。

僕が気に入ってる機能

任意の数値でカラム幅が変更できる

デフォルトでは青っぽいダークテーマも、以前のように黒ベースのテーマに戻せる

他にもいろいろな機能が備わっていますので、実際に触って自分好みに設定してみてください。
TweetDeckを使うには欠かせないアドオンです。

▶ BetterTweetDeckはこちら

Chromeの機能を使ってウィンドウ化する

さぁ、ここまでくるとTweetDeckが素晴らしいものだとわかったと思います。
ですが、このままではブラウザのタブから離れることができません。これは使いにくい。

そこで、Chromeに備わってる機能を使うことでTweetDeckそのものをウィンドウ化することができます。

操作は簡単です。

  • 手順1
    TweetDeckのページへ移動する
    まずは https://tweetdeck.twitter.com/ へ移動します。
  • 手順2
    右上の設定から「その他ツール」→「デスクトップに追加」を押す
     
  • 手順3
    デスクトップに追加するボタンが表示されるので”追加”
     
  • 手順4
    デスクトップにTweetDeckのアイコンが表示されます
     
  • 手順5
    アイコンを開くとウィンドウでTweetDeckが起動します
    おめでとうございます!これでウィンドウ化完了です。
MEMO
この機能を使えばTweetDeckだけではなく、色々なサイトを単一アプリ化することができます。
タブに常時表示しているサイトや、サブディスプレイに表示したいサイトがあったらこの方法を使うことですごく捗ります。

まとめ

「TweetDeck」+「BetterTweetDeck」+「ウィンドウ化」の3つを組み合わせるだけで最強のTwitter環境が構築できたと思います。

この方法の素晴らしいところは、見やすさはもちろんWindowsやMacといった環境に依存しないことです。
さらに、WEBアプリであるTweetDeckを使うことで、どこでも同じ状態でタイムラインを見ることが可能です。

フジワラモガ

僕はウィンドウ化して、サブディスプレイに表示させています。
めっちゃ捗ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。