最強の動画再生プレイヤー「PotPlayer」の機能と使い方を紹介!

今まで何種類もの動画プレイヤーを触ってきましたが、最強のプレイヤーだと強く推せるのがこの「PotPlayer」です。

これでもかってほどの機能を備え、対応しているフォーマットも数多く、さらにソフト自体の軽さもピカイチ。
パソコンにこのプレイヤーをインストールすれば動画関連は全てまかなえるレベルのお仕事をしてくれます。

さらに、現在もアップデートが定期的に行われているので今後も安心して使うことができます。(更新の度にどんどんプレイヤーのクオリティも機能も上がってきてる)

今日は「PotPlayer」の使い方も交えて、紹介していきます。

「PotPlayer」の見た目

動画プレイヤーは見た目が大事!
見た目がダサいと継続して使う気も起きません。スキンに対応しているかも重要な点です。

もちろん「PotPlayer」はスキンに対応しているし、見た目もかっこいいです。

何枚か画像を投下します。

PotPlayerの見た目画像1

PotPlayerの見た目画像2

PotPlayerの見た目画像3

PotPlayerの見た目画像4

PotPlayerの動画再生時の画像

動画を再生した感じ。

PotPlayerの再生リストの画像

再生リストにも対応。

「PotPlayer」の機能

見た目の次は機能ということで主な機能を紹介します。

機能一覧

  • 動作が軽い
  • シークが速い
  • 豊富なスキン
  • シーク時にプレビューを表示
  • ブックマーク機能
  • 区間リピート
  • 再生位置を記憶して再生(レジューム再生)
  • Youtube再生機能
  • 内部フィルターでほとんどのフォーマットに対応
  • 外部フィルターも使用可能

サクサク動いてくれるので、動画再生だけでなく音楽ファイルを再生する際もPotPlayerを使うと捗ります。
また、ある程度破損したファイルも破損部分を除いて再生することができます。

フジワラモガ

他にも様々な機能を備えていますが、全てを説明すると大変なことになるので主な機能を上げました。

「PotPlayer」をインストールしてみよう

ダウンロードは公式サイトからしましょう。
下記のボタンからどうぞ!

ダウンロードはこちら

インストールは難しくないので自分の好みにインストールしましょう。

POINT
PotPlayerには32bit版と64bit版があるので、自分の環境に合わせてインストールしましょう。

主な開発は32bit版で行われているので32bit版の使用が推奨されるのですが、僕の環境ではソフト自体が落ちてしまうので64bit版を使用しています。

特に今まで問題ありません。

設定をレジストリからINIファイルに移行する方法

PotPlayerの環境設定から「INIファイルに設定を保存」にチェックを入れることで、Windowsのレジストリから設定ファイルがINIファイルに移動します。

PotPlayerのINIファイルを保存する設定の図

するとPotPlayerをインストールしたフォルダにINIファイルが保存されます。
バックアップする際はこのファイルを保存しておきましょう。

PotPlayerのINIファイル保管場所を示した図

フジワラモガ

レジストリを汚したくない人向けです。
NOTE
すでにできてしまったレジストリを削除したい!って人は下記の場所に保管されています。

32bit版
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Daum\PotPlayerMini]

64bit版
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Daum\PotPlayerMini64]

 

PotPlayerのスキンを変えてみよう

PotPlayerの目玉な機能でもあるスキンの変更方法を紹介します。
PotPlayerは海外製のため、各国の有志がたくさんのスキンを作成・公開しています。

ダウンロードサイトをいくつかリンクしておきます。

PotPlayerのスキンがダウンロードできるサイト

deviantART

みんなお馴染みのデヴィアントアート。
かなりの数があります。

Hot Skins in RU-BOARD

僕がオススメするのはここの「DEFAULT.MOD.DSF」というスキンです。

SamLab’s Package

ここもかなりの数があるスキンサイト。
右上のダウンロードボタンからダウンロードして使いましょう。

2chのPotPlayerスレッド←2018年8月23日の現行スレッドをリンクしました

2chでも有志の方が独自のスキンを上げてくれたりするので、監視しておくと良いです。

スキンの適用方法

スキンファイルは「.dsf」という拡張子になります。
ダウンロードしたらインストールしたフォルダの「Skins」フォルダに入れてあげましょう。

その後、設定の「スキン」からお好みのスキンを選びます。

PotPlayerのスキンを選ぶ画像

PotPlayerの便利な使い方

次は便利な使い方と代して、僕が主に使っている機能を紹介します。

シークバー上にプレビュー画面を表示する

PotPlayerのプレビュー画面の様子

上記のようにマウスカーソルでシークバーの上を動かすとプレビュー画面が表示されます。

初期設定ではOFFになっていたはずなので、設定画面からONにしてあげます。

PotPlayerのプレビュー設定のONOFFの図

再生タブのサムネイルプレビュー表示から設定可能です。
他の項目はお好みで設定してください。

動画再生時にお好みの場面をブックマークする

ここだと思った時はキーボードの「H」キーを押しましょう。

ブックマークのショートカットキーになります。

プレビュー画面付きで登録したブックマークが表示されます。

PotPlayerでブックマークする図

さらに「ブックマークの編集」をクリックすると今までのブックマークが動画毎に表示されます。
ついでにブックマークにタイトルとかも追加できます。

PotPlayerのブックマーク編集画面

動画を区間リピートで再生する

何度も同じ場所をリピートしたい!なんてこともあると思います。

そんな時は、リピートしたい場面で動画を止めて「 [ 」キーを押します。
その後、リピートを終わりにしたい場面で「 ] 」キーを押します。

すると下記のように矢印マークがついて、この区間をリピート再生するようになります。

動画のサムネイル一覧を作成する

動画再生中に「Alt + N」キーを押すと動画のサムネイル一覧を作ることができます。

PotPlayerのサムネイル一覧作成画面

列と行、幅を決めてOKを押します。
すると下記のような画像ができあがります。

PotPlayerで作成したサムネイル一覧の画像

PotPlayerで外部フィルターを使う方法

PotPlayerの内部フィルターはかなり優秀なので別にこだわりのない方は内部フィルターを使用することをおすすめします。
画質やフレームレートなどにこだわりがある方は外部フィルターを使用しましょう。

今回は僕が愛用している「LAV Filters」を元に説明します。

LAV Filtersとは?

多くのフォーマットに対応しているデコーダーです。
これ1つをインストールしておけばほとんどの動画、音声を再生することができます。
また、CUDA対応のNVIDIA製ビデオカードなどを使用する動画再生支援機能(ハードウェアアクセラレーション)を使うこともできます。

  • STEP.1
    フィルター制御→ソース/スプリッタに移動して、「フィルター管理」をクリック
    PotPlayerで外部フィルターを追加する図1
  • STEP.2
    スキャンを押してインストールされている外部フィルタを読み込む
    PotPlayerで外部フィルターを追加する図2

    読み込みに成功したら「OK」をクリックして前の画面に戻る

  • STEP.3
    「グローバルフィルタ優先度」に移動して「LAV Filters」を登録する
    PotPlayerで外部フィルターを追加する図3

    「登録フィルターを追加」をクリック

  • STEP.4
    フィルター一覧が表示されるので「LAV Filters」関連のフィルターを追加する
    PotPlayerで外部フィルターを追加する図4

    ピンクで囲った4つが追加するフィルターです

  • STEP.5
    追加した4つのフィルターの優先度を「優先」に設定する
    PotPlayerで外部フィルターを追加する図5

    これで設定完了です!

本当に選択したフィルターが使われているか確認する方法

フィルターの設定は完了しましたが、実際にちゃんと使われているか不安ですよね。

そんなときは動画再生中に「TAB」キーを押します。

今見ている動画の全ての情報が表示されます。

PotPlayerの動画情報画面1

カラフルで少し目が痛いですが、ちゃんと選択したフィルターが使われているのがわかります。

PotPlayerの動画情報画面2

PotPlayerでYoutubeを見る方法

特に難しいことはなく動画のURLをコピーして、PotPlayer内で「Ctrl + V」で貼り付けると自動で再生してくれます。

PotPlayerでYoutubeを見る図

しかも、右上の「hd720」という箇所を押すことで、画質を変更することができます。(テーマによりボタンがない場合もあります)

PotPlayerでYoutubeの解像度を変更する図

プレイヤーで再生することで作業しながらYoutubeが見れるし、ブラウザの負荷も低減できます。

アドオンを使ってワンクリックでPotPlayerにYoutube動画を送る方法

URLコピペするなんて面倒くさい!って方も、このアドオンがあれば解決です。

Chrome版

PotPlayer YouTube Shortcut
PotPlayer YouTube Shortcut
Developer: depresjon
Price: Free

Firefox版

PotPlayer YouTube Shortcut
PotPlayer YouTube Shortcut
Developer: user848
Price: Free

このアドオンを入れることで、YoutubeページでマウスのいずれかをクリックするだけでPotPlayerに動画を送ることができます。
クリックするボタンは変更可能です。

PotPlayer YouTube Shortcutの設定画面

僕は動画ページでマウスの中クリックをするとPotPlayerで動画を再生できるようにしています。

さらに専用ボタンも配置できます。

PotPlayer YouTube Shortcutの専用ボタンの画像

フジワラモガ

アドオンと連携してこんなことができるのはPotPlayerだけじゃないかな

まとめ:高機能すぎて全部書けない!

やれることが多すぎるので今日はここまで。

また、使える機能があったら記事を更新します。

本当におすすめできるプレイヤーなので使ってみてね。

 

PotPlayerのダウンロードはこちら!

 

関連するおすすめ記事

Chrome拡張機能「YouTube Plus」を入れるだけでYouTubeが100倍快適になる 見た目がおしゃれかわいい音楽プレイヤー「Winyl」が良い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。