【TakeFile】プレミアムアカウントの購入方法・使い方【プレ垢】

海外アップローダーは基本無料で使えますが、待機時間やダウンロード量制限があったりと制約が多いです。そんな制約をすべて帳消しにするのがプレ垢と呼ばれる「プレミアムアカウント(有料)」です。

今回は海外アップローダーの「TakeFile(テイクファイル)」のプレミアムアカウント(有料)を購入してみました。

少しややこしい感じだったので購入方法を画像を交えて解説いたします。

スポンサーリンク

「TakeFile(テイクファイル)」について

TakeFile(テイクファイル)」は海外アップローダーです。
リンク生存率が高く、長い期間ファイルが保存されています。
多くのサイトで利用されており「13DL.NET」などで使われています。

プレミアムアカウントを購入することで下記のメリットがあります。

  • 無制限のダウンロード速度
  • 待機時間なし
  • ダウンロード遅延なし
  • 広告表示なし
  • 同時ダウンロード可能
  • 2日ごとに「65GB」が補充される

「TakeFile」のプレミアムアカウント料金

期間 帯域幅 料金
30日 65GB $19.99
60日 65GB $29.99
90日 65GB $39.99
365日 65GB $99.99

TakeFile」側のおすすめプランは★を付けた90日間の契約です。

「TakeFile」のダウンロード帯域幅について

TakeFile」は速度制限はないものの、ダウンロードできる帯域幅が決まっており2日で「65GB」が上限となっています。

帯域「65GB」を使い切っても2日後には再補充される仕組みです。

「TakeFile」のダウンロード速度について

ダウンロード速度ですが、「3MB~20MB」の間で推移していました。
時間帯によっては、とてもダウンロード速度が速いです。

「TakeFile」の自動更新について

TakeFile」はプレミアムアカウントを購入しても、自動更新されません。
買い切りなので、アカウントの期日が切れたら再度購入する必要があります。

期日前に購入して日数を増加させることは可能です。

「TakeFile」のPLGプレミアムリンクジェネレーターについて

長年「TakeFile」を使っていますが、常用できるPLGプレミアムリンクジェネレーター(Premium Link Generator)は見つかっていません。

そもそも対応しているサイトが少なく、あったとしても1日のダウンロード制限が10GB、多くても20GBと少なめです。

それなら2日で65GB使える公式サイトを使ったほうが利便性が良いです。ダウンロード速度も公式の方が速いです。

TakeFile」のPLGプレミアムリンクジェネレーターを探してる人は公式からの購入をおすすめします。

「TakeFile」のリセラー(再販業者)について

TakeFile」のリセラー(再販業者)は国内・海外含めるとかなりの数いるのですが、僕はそもそもリセラー業者が嫌いなので利用していません。公式で買える金額に上乗せで手数料が加えられて高いです。

アップローダーに個人情報を渡さなくて済むから安全とうたっていますが、今はVプリカやVPNなどあるので問題にならないと思ってます。どうしても自分ひとりでは購入できなそうな方は利用すると良いと思います。

僕はリセラーより公式からの購入をおすすめします。

スポンサーリンク

「TakeFile」のプレミアムアカウント購入方法

ここからプレミアムアカウントの購入方法を解説します。

言語が全て英語になるのでChromeを使用している場合は右クリックで「日本語に翻訳」を使うとわかりやすいです。

「TakeFile」のアカウントを作成する

URL  「TakeFile」公式ページ

まずは上記URLからアカウントを作成しましょう。

右上の「SIGNUP」から作成します。

画面の指示にしたが必要項目を入力して「SUBMIT」を押してください。

何故かまれに上記のようなエラー(そのアドレスは使われています)との表示が出ますが、問題なく作成できているのでメールをチェックしてください。

このメールが来ていれば作成完了です。

ログインすることができるはずです。

「TakeFile」のプレミアムアカウントを購入する

URL 「TakeFile」プレミアムアカウント購入ページ

上記URLからプレ垢を購入できます。

今回は「365日」を購入するので「365 Premium days」の欄から「VISA/MASTERCARD #2」を選択します。

支払い画面が表示されたのでクレジットカード情報を入力して「Place Order」をクリックします。

当ブログでは「Revolut」または「Vプリカ」で決済することをおすすめします。

Revolut?Vプリカ?とは

ネット専用Visaプリペイドカードです。
架空のクレジットカードにお金をチャージすることで決済をすることができます。
チャージ分の金額しか使うことができないので不正利用防止になります。

Revolut」も「Vプリカ」も作成は簡単なのでこれを機に作成しておくといろいろ便利に使えます。今回はVプリカで決済しました。

ちなみに「Revolut」でも決済できました。

するとVプリカのログイン情報を入力する画面に飛ぶので入力してください。入力が終わったら送信をクリックします。

ここでなぜかエラーが発生…。

Error while capturing your payment:Error while capturing a payment

と表示されており調べてみたら残高不足のエラーが出ていました。再チャージして無事決済できました。

決済完了画面。

Vプリカからメールが届き「13,962円」が引き落としされました。

マイアカウントを確認するとプレミアム化されていました。これで購入は完了です。

URL 「TakeFile」公式ページ

「Revolut」を使った決済もできました

Revolut」でも決済可能なのか気になったので試してみたところ難なく決済することができました。

Revolut」には1回限りのバーチャルカード機能があるので、不安な方は利用すると便利です。1度使うとその番号は破棄され新しい番号が作成される神機能です。おすすめ。

「TakeFile」のリセラーからコード・クーポンを購入する方法

冒頭でも記載しましたがどうしてもプレミアム会員になりたいけど、クレジットカードや個人情報をアップローダー側に渡したくない場合はリセラー(再販業者)からプレミアム会員になるためのコード・クーポンを買うことも1つの方法です。

デメリットとしてはリセラー側に払う手数料が上乗せされます。また、コード自体が不正に取得されたものだった場合数日でプレミアムが無効化されます。

リセラー(再販業者)の手数料に関して

手数料は見た感じ200円~700円ほどが上乗せされてる印象です。この価格で安心を買えると思えば安いような気もします。

リセラー(再販業者)のコード・クーポンについて

リセラー(再販業者)をどうしても利用する場合は信頼できる業者を選ぶことです。

幸いにも日本にも正規代理店をうたっているところやヤフオクで高評価を受けている有名なリセラーが存在します。

いずれも僕が1度は利用したことがあり特に問題なかったリセラーです。ヤフオクはコード・クーポンを自動送信にしているので10分くらいで届きます。

「TakeFile」でコード・クーポンを有効化する

購入したコード・クーポンは「TakeFile」のページで有効化する必要があります。

URL先のページの上部にある「MY ACCOUNT」を押します。

「MY ACCOUNT」画面にある「Apply Premium Key」にリセラーから購入したコードを入力して「Apply」を押します。

これでコード・クーポンが有効化されプレミアム会員になることができます。

スポンサーリンク

「TakeFile」のファイルダウンロード方法

ほしいファイルのリンクを探します。

Create download link」をクリックします。

ダウロードが開始されます。

「TakeFile」の直接ダウンロードを有効化する

毎回Takefileのページに飛ばされるのが嫌な人は「MyAccount」の右下にある「DirectDownloads(PremiumOnly)」にチェックを付けることでファイルをすぐにダウンロードすることができます。

これはプレミアムアカウントだけで有効化できます。

プレ垢持ちなら「JDownloader2」の使用がおすすめ

ブラウザでのダウンロードだと、途中で切断されたりするとまたイチからダウンロードすることになります。また、並行ダウンロードしていると速度が落ちやすいです。

そんな状態を改善できる高機能ダウンロードソフトが「JDownloader2」です。
海外アップローダーを含め、さまざまなサイトに対応しているダウンローダーです。

使い方を詳しく記載しているので、気になったらぜひ読んでみてください。

海外サービスを利用する場合はVPNの導入がおすすめ

こういった海外サービスを利用する場合はプライバシーやセキュリティの観点からVPNの導入をおすすめしています。(ダウンロード履歴などを残さない)

VPNとは?

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

VPNを使わないとIPアドレスを元に行動履歴からダウンロード履歴まで丸わかりになってしまうので匿名性なんて存在しません。

最近は、海外サービスを利用することが当たり前になってきたので「AirVPN」や「ExpressVPN」というサービスを利用して匿名性を向上させています。興味がある方は別記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

まとめ

TakeFile」のプレミアムアカウントを購入してみました。

画面がどんどん変になっていくにつれて不安も膨らんでいきましたが、無事決済&プレ垢化できました。

もしここがわからない等あれば、できる限りお答えしますのでコメントをよろしくお願いします。

コメント 承認後に表示されます

タイトルとURLをコピーしました