【AirVPN】ポート開放できる超高速VPNサービス【設定方法・使い方】

去年くらいから匿名性を気にして常時VPNに接続し、ネットをするようになりました。

以前までは特に気にしていなかったのですが、今ではプライバシー保護やネットを安全に使うために必須のサービスだと感じています。

VPNとは?

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

基本的に、ほとんどのVPNサービスはポート開放・転送ができません。
そのため、P2Pなどのソフトウェアが使えません。(ポート開放が必須のソフトウェア)

そこでポート開放もできて高速なVPNサービスはないかと探していたところ「AirVPN」と呼ばれる素晴らしいサービスを発見することができました。

AirVPN」はこんな人におすすめ!
  • 安価なVPNサービスを使いたい
  • 高速で匿名性が高いVPNを使いたい
  • ポート開放・転送ができるVPNを使いたい
  • ノーログポリシーを謳っているサービスを使いたい

というわけで、本記事では「AirVPN」の使い方やサービスについて解説しています。

「AirVPN」とは?

AirVPN」はこんなサービス
  • 高速で高い匿名性があるVPNサービス
  • トラフィック制限なし(無制限通信)
  • アカウントごとに5つ同時接続が可能
  • ポート開放・転送が可能(最大20個まで)
  • Windows、Linux、Mac、Android、iOS、ChromeOS等に対応
  • ログを保持しないノーログポリシー
  • 世界20カ国、200台以上のサーバーを保持

イタリアで2010年頃から始まったVPNサービスです。

匿名性はもちろん、VPN接続時でも高速なネット速度を実現、P2Pを歓迎したポート転送の機能を有しています。

「AirVPN」の料金

AirVPN」は有料サービスになります。

期間料金日本円換算
3日2€232円
1ヶ月7€812円
3ヶ月15€1,740円
6ヶ月29€3,365円
1年49€5,687円
2年79€9,168円
3年99€11,489円
※日本円は変動します

有名な「ExpressVPN」「NordVPN」が1年契約で月額$6.99に対し、「AirVPN」は$4.42となっており、250円くらい安い計算になります。

支払いはPayPal対応はもちろん、暗号通貨支払いにも対応しています。

「AirVPN」のクライアントソフト「Eddie」の外観

VPNへの接続は専用ソフト「Eddie」を使用します。

見た目はかっこいいとは言えないですが、機能としては問題ありません。

サーバーリストも見やすく、ソートもできます。
通信速度もわかりやすく表示されます。

ただ、日本語には対応していません。

「AirVPN」の通信速度

匿名性も重要ですが、VPNで気になるのが通信速度です。

AirVPN」は今まで使ってきたVPNサービスでもダントツで高速でした。

日本サーバーの通信速度

午前10時くらいに計測
午後9時くらいに計測

朝も夜もほとんど通信速度にブレはありませんでした。
安定した通信速度が望めます。

専用ソフト「Eddie」にも通信速度が表示されています。

元の回線にもよりますが、僕の回線だとVPNを繋いでも、繋いでいない時と同等のスピードがでました。これは素晴らしい。

上記の結果は全て日本サーバーに接続して計測しました。

日本サーバーは4つありますが、ユーザーは140人程となっており少ないです。
あまり混んでないからスピードも出るのかな?

海外サーバーの通信速度

アメリカのサーバーに接続して計測してみましたが、上り下り共に30MB以上出ていました。

日本サーバーはまだ数が少ないですが、外国サーバーは数多く用意されています。

「AirVPN」のアカウント作成と有料プラン購入方法

ここから「AirVPN」の導入から使い方までを解説します。

「AirVPN」のアカウント作成

公式サイト AirVPN

上記URLからアカウントを作成します。

Get AirVPN」をクリックする。

Create an account」をクリックする。

画面の支持に従い、情報を入力して「Create my Account」をクリックする。

これでアカウント作成は完了です。

「AirVPN」の有料プラン購入方法

アカウントが作成できたら、そのままでは何もできないので有料プランを購入します。
もし、試しに使いたい場合は3日プランを選択しましょう。

公式サイト AirVPN

公式サイト上部にある「Buy」をクリックする。

有料プランを選択します。

僕は3日プランをすでに購入していたので、1年プランを購入してみます。
プランを選択して、下部にある「Proceed to Checkout」をクリックします。

支払い方法を選択します。

暗号通貨やクレジットカードが使えますが、今回は安心安全のPayPal払いを選択。

下部にニョキッとPayPalボタンが表示されるので、クリックします。

そのままPayPal公式に飛ばされるので、詳細を確認後決済してください。

支払中の画面

支払いが完了すると「Payment accepted」との表示が出て課金完了です。

AirVPN」公式の上部バーを見てみると、プレミアムになっており、日数が追加されます。

これで有料プラン購入完了です。

「AirVPN」の使い方

有料プラン購入まで完了したらさっそくVPNに接続していきましょう。

「AirVPN」クライアントソフト「Eddie」のダウンロード

まずはクライアントソフトをダウンロード→インストールします。

公式サイト AirVPN

上部にある「Download」をクリックする。

お好みのOSを選択します。

細かい設定を選択して「Download」ボタンをクリックします。

ポータブル版もあるので、使いたい場合は選択しましょう。

その後、ダウンロードできたプログラムファイルを開いてインストールしてください。
インストールは簡単なので割愛します。

「AirVPN」クライアントソフト「Eddie」の使い方

インストールが完了したら、「Eddie」を立ち上げてアカウント情報を入力してログインします。

左側にある「Servers」から好きなサーバーを選択します。

基本的に「Latency」の値が低いと通信速度が速く、レスポンスが良いです。