【Chrome上位互換】Chromiumベースのブラウザなら「CentBrowser」が最強です

みなさん、ブラウザは何を使っているでしょうか。

いろいろな派閥がありますが、僕は断然Chromiumベースのブラウザ推しです。
Chromiumってなんぞやって方はWikipediaに詳しく書かれております。(要はChromeみたいなブラウザ)

数あるChromium系ブラウザの中でもっとも使いやすく高機能なのが、今回紹介する「CentBrowser」です。

今日はこのブラウザについて詳しく解説していきましょう。

「CentBrowser」って何ができるの?

標準のChromeブラウザの機能はもちろん、さらに追加機能があります。

追加機能

  • マウスジェスチャー
  • スーパードラッグ
  • タブのデザイン変更
  • タブオプション
  • サイドブックマークバー
  • メモリ最適化
  • ボスが来た
  • DirectWriteの無効化

更に、32ビット版、64ビット版、ポータブル版、インストール版が用意されており、ユーザーの環境に合わせたインストールをすることができます。

開発は「Cent Studio」という会社が行っており、全ての機能を無料で配布しています。
標準であるChromeブラウザの更新よりは、少し遅れて更新されますが、現在も活発に更新作業が続いています。

また、フォーラムも活発に動いており、ユーザーのみんなが意見を出し合って、より良いブラウザになるように働いています。
フォーラムは基本英語ですが、日本語フォーラムも設けられています。

ダウンロードは公式サイトで

公式サイトはこちらです。

LINK CentBrowserThe Most Feature Rich Chromium

 

ベータ版使いたいってコアな人は下記を監視しておくと良いでしょう。

32bit版
LINK Index of /beta_32/Index

64bit版
LINK Index of /beta_64/Index

「CentBrowser」の機能を細かく紹介

CentBrowserには多くの機能があるため、設定画面も独自のものとなっています。
すべての機能は紹介しきれませんが、僕が良いと思ってる機能を紹介します。

設定画面キャプチャ

マウスジェスチャー

マウスの右クリックをドラッグすることで、様々なショートカットを割り当てられる機能。
ブラウザ単体にこの機能を実装しています。

設定画面はこんな感じ。

すでにあるジェスチャーに機能を割り当てていく仕様ですが、結構な数があります。
割り当てられる機能はたくさんあるので、特に困ることはないでしょう。

アドオンを使わずに、ジェスチャー機能が使えるのは嬉しい。

スーパードラッグ

逆にこっちは左クリックのドラッグに機能を割り当てられます。
割り当てられる方向は4つで、上下左右です。

マウスジェスチャーよりは機能が制限されてしまいますが、「文字をドラッグして検索」や「テキストのコピー」など細かい機能が割り当てられます。

僕はすべての方向に「新規タブで検索」を割り当てています。

タブのデザイン変更とオプション

タブ周りはかなりカスタマイズすることができます。
タブの形を変えたり、右クリックや左クリックの挙動を変えてみたり。

 

僕が特に気に入ってる機能はタブの上にカーソルをのせたときに自動でタブが切り替わる機能。
この機能があればいちいち別タブに移動するときにタブクリックの動作が減るので楽ちんになります。

他にもブックマーク、ホームページ、検索結果を開く時の動作を変更(新規タブで開く、既存タブで開く)できたり、新しいタブを開いた時の表示位置も変えることができます。

「ポップアップウィンドウの代わりにタブで開く」機能も便利で、強制的にウィンドウ表示される場面で役に立ちます。(ログイン画面など)

正直、アドオンなしでここまでできるブラウザってかなりすごいと思います。
おすすめの設定項目です。

ブックマーク

ブックマーク周りもいじることができます。

目玉と言うなら簡易サイドバーでしょうか。結構好きな人いますよねサイドバー。
僕は使ってないんですが、このブラウザならサイドバー信者にも合わせられます。

ブックマークバーのサイトはアイコンのみ表示(ファビコンのみ)もできます。

僕もアイコンのみ表示だけにしてます。
この方がシンプルで見栄えが良いです。

メモリ最適化

メモリクリーナー機能も実装されています。
時間毎に解放設定ができます。

正直、ちゃんと綺麗にしているのか謎ですが、一応設定しています。
メモリいっぱい積んでる人にはあんまり効果は感じられないかもしれません。

ボスが来た

ボスが来た・・・なんのことだって最初思いました。

どうやらブラウザ内の全ての音楽をミュートにできる設定 らしいです。

ボス=親ってことなのかもしれません。いかがわしいサイトなどを見てるときに役立てましょう。

MacTypeを有効化(DirectWriteを無効化)

このブラウザの最大の特徴とも言えるかもしれません。
この機能目的でCentBrowserを使ってる人もいると思います。

このブラウザはDirectWriteを無効化できるんです。
DirectWriteは非常に汚く読みづらいし最悪です。

無効化することでMacTypeというフォントレンダリングソフトを有効化できるようになります。
これでフォントの見やすさが激変します。

DirectWriteを無効化にする手順

  • STEP.1
    URLバーに「chrome://flags/#disable-direct-write」と打ち込みましょう
  • STEP.2
    DirectWriteをDisableにします
     
  • STEP.3
    CentBrowserのショートカットを作ります
    インストールされたフォルダに「chrome.exe」があるので、右クリックして送る→デスクトップに送る(ショートカット)で作成できます。
  • STEP.4
    作成したショートカットに起動オプションを設定する
    できたショートカットを右クリックしてプロパティを開きます。
    リンク先の設定に半角で1マススペースを開けて下記コードを追加します。
    コード
    --disable-directwrite-for-ui

    こんな感じになるはずです。

    この起動オプションはブラウザのインターフェースのDirectWriteも無効にしてくださいって命令を出してます。
    タブとかブックマーク、メニューのフォントのことです。

  • STEP.5
    起動は作成したショートカットからしましょう
    これでDirectWrite無効化の設定は終わりました。
    ショートカットから起動することでブラウザ全てにMacTypeが有効化されます。

隠れた機能

隠れたというかこれは言われないと気づかないだろう!って機能がちりばめられています。

更新ボタン

更新ボタンを右クリックする読み込みメニューが表示される。

通常の読み込みの他に「ハード再読み込み」「キャッシュの消去とハード再読み込み」ができる。
キャッシュ消去の再読み込みボタンのおかげで、開いてるページのキャッシュが簡単消せて便利です。

キャッシュ削除のアドオンとはおさらばしました。

設定ボタン

ちょっと分かりづらいですが、設定ボタンを右クリックすることで瞬時に設定画面に飛ぶことができます。

まとめ:CentBrowserの便利さを再認識!

他のChromiumベースより頭一つでたブラウザ「CentBrowser」どうでしょうか。
正直このブラウザを使ってから他のブラウザへの移行は考えられません。

Vivaldi、Iron、Kinza、Sleipnir、Yandex、Liriっと数多くのChromiumブラウザを使ってきましたが、今だに僕の欲求を満たしてくれるのは「CentBrowser」だけです。

フジワラモガ

この記事で使用した設定画面のキャプチャは僕のおすすめ設定です。
参考にしてみてください!Cent!Cent!

 

みなさんもこれを気にブラウザの乗り換え考えてみませんか?

公式サイトはこちら!

LINK CentBrowserThe Most Feature Rich Chromium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。